産業用制御装置の市場規模、2027年に1,701億2,000万米ドル到達見込み

産業用制御装置の市場規模は、2019年には1,214億8,000万米ドル、2027年には1,701億2,000万米ドルに達し、5.91%のCAGRを記録すると予測されています。産業用制御装置は、さまざまなオートメーション機器、機械、コンポーネントで構成されています。これらのシステムは、様々な産業タスクを監視、制御、実行し、高精度、製品品質の向上、信頼性の高いプロセスを自動化するために開発されています。ABB社、三菱電機ファクトリーオートメーション社、シーメンス社、ハネウェルインターナショナル社、エマソンエレクトリック社、シュナイダーエレクトリック社などが、産業用制御装置市場で大きなシェアを持つ主要企業です。

クラウドベースのサービスに対する需要の高まりや、重要なインフラをサイバー攻撃から守るためのスマートグリッドソリューションの導入の増加は、産業用制御装置市場に有利な成長機会をもたらします。重要インフラへのサイバー攻撃を受けて、企業はシステムの制御・監視方法を改善するためのソリューションを次々と導入しています。このソリューションは、疑わしい行動を制御し、必要なアクションを取るためのリアルタイムの可視性を提供します。このような要因から、予測期間中、業界は勢いを増すと考えられます。さらに、市場をリードするいくつかの企業は、新しい技術やシステムを導入して産業用制御装置のポートフォリオを拡大しており、産業用制御装置市場は大きく成長しています。

産業用制御装置市場は、制御システム、コンポーネント、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。制御システムに基づいて、分散型制御システム(DCS)、監視制御・データ収集システム(SCADA)、製造実行システム(MES)、その他(安全計装システム(SIS)、船舶用統合制御・監視システム(ICMS)、その他)に分類されています。コンポーネントによって、モジュール式端子台、リレーおよびオプトカプラ、サージプロテクター、マーキングシステム、印刷、フェルールケーブルラグ、ハンドツール、テスター、エンクロージャ製品、PCBコネクタおよび端子、ヘビーデューティーコネクタ、アナログシグナルコンディショナー、電子機器ハウジング、電源、産業用イーサネット、リモートIOに分類されます。産業用イーサネットは、さらに産業用イーサネット・アクティブと産業用イーサネット・パッシブに分類されます。また、リモートIOは、センサー・アクチュエーター・インターフェース・アクティブとセンサー・アクチュエーター・インターフェース・パッシブに分類されます。

産業用制御装置のエンドユーザーは、自動車、ユーティリティ、電子・半導体、鉱業、その他(化学、繊維・織物、食品・飲料、インフラ、プラスチック、ライフサイエンス、水処理、海洋・機械、金属)に分類されます。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、その他欧州)、アジア太平洋(中国、日本、インド、その他アジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]