スマートサーモスタット市場規模、2027年に113億6,000万米ドル到達見込み

スマートサーモスタットの市場規模は、2019年に18億6,000万米ドル、2020年から2027年にかけて28.00%のCAGRを記録し、2027年には113億6,000万米ドルに達すると予測されています。

スマートサーモスタットは、雰囲気のある温度や空調を自動的に制御するように設計されたデバイスです。これらのスマートデバイスは、ユーザーがスケジュールを使って1日中温度をコントロールできるという利点があります。さらに、スマートサーモスタットは、センサーやWi-Fiなどのスマートネット技術と統合されており、インターネットに接続された機器へのリモートアクセスを可能にします。スマートサーモスタットは、窓用エアコン、スプリットエアコン、ポータブルエアコン、ヒーター、ラジエーター、ボイラーなどのスマート家電を制御するスマートインフラに使用されます。

スマートサーモスタットは、自律的なインフラでの使用に人気があります。これらのデバイスは、ユーザーの好みに応じてプログラムやスケジュールを設定することができ、特に日課として設定することができます。さらに、スマートサーモスタットには自己学習機能があり、過去に取得したデータに応じて温度を調整します。スマートサーモスタットは、消費者が簡単に設置することができ、さまざまなスマート家電に対応しています。

スマートサーモスタット市場は、住宅・商業分野におけるスマートインフラの急速な発展により、予測期間中に成長が見込まれています。世界のスマートサーモスタット市場は、IoTやAIベースの技術の導入が急増し、それによってプログラム可能なサーモスタットがスマートなものに進化することで牽引されると予想されます。さらに、医療モニタリングにおけるスマート技術の利用の増加が、スマートサーモスタットの需要を押し上げると予想されます。これらの要因を考慮すると、スマートサーモスタット市場は将来的に急成長することが予想されます。

また、工業化の進展や人口の大幅な増加も、世界のスマートサーモスタット市場の成長を促す要因の一つです。しかし、発展途上国ではスマートサーモスタットのコストが高いことが、市場成長の大きな課題となっています。さらに、家電製品の温度調節機能の進化や自動化システムの導入は、スマートサーモスタット市場に有利な機会をもたらします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]