ポータブルエアコンの市場規模、2027年に9億4,540万米ドル到達見込み

ポータブルエアコンの市場規模は、2019年に6億1,360万米ドル、2021年から2027年にかけて4.5%のCAGRを記録し、2027年には9億4,540万米ドルに達すると予測されています。

ポータブルエアコンは、シングルルームを冷やすための独立したコンパクトな移動可能な機械です。窓際やセントラルエアコンのような常設を必要としません。軽量で、高さは28インチから34インチです。ポータブルエアコンのほとんどは、人々が別の部屋に移動することができるように車輪が付いています。ポータブルエアコンのタイプは、部屋の大きさに応じて選択します。可処分所得や生活水準の上昇、家庭内の快適性に対する支出の増加は、予測期間中のポータブルエアコン市場の成長を促進すると考えられます。人々は生活水準を向上させるためにスマート家電を導入する傾向にあり、企業はアジア太平洋地域の発展途上国で事業を展開しています。例えば、ダイキン工業株式会社は、子会社であるダイキンエアコンディショニングベトナムが、ベトナムにエアコンの新工場を完成させ、このほど本格的に稼働を開始したことを発表しました。

COVID-19パンデミックの発生は、ポータブルエアコン市場の成長にプラスの影響を与えています。封鎖期間中、人々は家の設計や改良に積極的に取り組んでいるため、ポータブルエアコンの売上は大幅に増加しています。さらに、消費者は、エアコンを含む古い家電製品を最新のポータブルエアコンに交換することを選択しています。

また、商業施設では、機械が使用する部屋の温度を維持するためにポータブルエアコンが使用されています。発電機を含むほとんどの機械は、24時間365日稼働しているため、熱を放出することが予想されます。このような条件では、ポータブルエアコンは部屋の温度を制御するために重要な役割を果たしています。このようなポータブルエアコンが活躍する商業ビルは、スーパーマーケットやハイパーマーケット、住宅、複合商業施設などです。商業ビル分野は、都市化の進展により高い成長率を示しており、予測期間中にポータブルエアコンの需要が増加することが予想されます。また、主要産業での自動化の導入が急増していることも、スマートで先進的なポータブルエアコンの成長に拍車をかけています。さらに、人々は生活水準を向上させるために、スマートで先進的な白物家電を好んでいます。

ポータブルエアコン市場のセグメント

ポータブルエアコン市場は、タイプ、エンドユーザー、流通チャネル、地域に分けられます。タイプ別では、小部屋、中部屋、大部屋に分類されています。エンドユーザー別では、住宅用と商業用に分類されています。流通チャネル別では、スーパーマーケット・ハイパーマーケット、専門店、百貨店、Eコマース、その他に分けられます。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(ロシア、スペイン、イタリア、フランス、ドイツ、英国、その他欧州)、アジア太平洋(中国、日本、インド、韓国、インドネシア、タイ、オーストラリア、その他アジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]