二酸化塩素市場、2027年に12億6,550万米ドル到達見込み

二酸化塩素市場の展望 – 2027年

二酸化塩素市場は、2019年には8億5,780万米ドル、2020年から2027年にかけて5.0%のCAGRで成長し、2027年には12億6,550万米ドルに達すると予測されています。

二酸化塩素は、1つの塩素原子と2つの酸素原子からなる、小さくて揮発性の非常に強い分子です。ClO2と略され、希薄な溶液中ではフリーラジカルとして存在します。高pHでも効果がある、アンモニアの影響を受けない、有機汚染物質が多いシステムでは塩素に比べて大きなメリットがあるなどの利点があり、水処理液の塩素の代替として使用されます。選択的な酸化剤であるため、非常に少ない添加量で水中の微生物を制御することができ、費用対効果の高いソリューションとなっています。

世界の二酸化塩素市場は、主に排水処理のための産業部門からの需要の急増によって牽引されています。ブラジル、中国、インドなどの発展途上国では、さまざまな工業生産ユニットの設立による工業部門の成長により、工業廃水が河川、湖、海洋に拡散し、水質汚染レベルが急上昇しています。そのため、産業排水処理用の二酸化塩素の需要は、予測期間中に大幅に増加することが予想されます。また、電子商取引や小売業での紙製パッケージの需要が伸びていることから、紙・パルプ業界での二酸化塩素の需要が増加すると考えられます。さらに、消費者がティッシュペーパーや使い捨てタオルなどの個人用衛生用品を好む傾向にあることから、紙・パルプ業界では漂白剤としての二酸化塩素の需要が高まっています。これらの要因は、今後数年間、市場の成長を促進すると考えられます。

しかし、塩素の使用に対する政府の厳しい規制が二酸化塩素の世界市場の成長を制限しています。パルプ漂白における塩素や次亜塩素酸塩の使用に対する規制の増加は、世界の二酸化塩素市場の成長に新たな機会を提供すると思われます。

二酸化塩素の世界市場規模は、用途と地域に基づいて区分されています。用途別では、工業用水処理、パルプ・紙加工、石油・ガス、医療、食品・飲料、その他に分けられています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分けて分析しています。

二酸化塩素の世界市場で活動している主な主要企業は、Accepta、Ecolab、Grundfos、ProMinent、Evoqua、The Sabre Companies LLC、CDG Environmental LLC、Tecme Srl、Iotronic Elektrogerätebau GmbH、Vasu Chemicals LLPなどです。また、Dioxide Pacific、Bio-Cide International、HES Water Engineers (India) Pvt.Ltd.、Scotmas Group、Superior Plus Corp.などもこの市場に参入しています。これらの主要プレイヤーは、世界の二酸化塩素市場で競争力を維持するために、製品の発売、買収、事業拡大などの戦略を採用しました。

主な戦略的な動きと開発

2018年12月、エコラボの子会社であるナルコウォーターは、産業用冷却水システムの処理のために、二酸化塩素をベースにした新しいバイオサイド技術を発表しました。この技術は、同社のPURATE製品ポートフォリオを拡大するもので、費用対効果、安全インターロック、リモートモニタリングなどの様々な利点を提供します。この製品により、同社は北米の中小規模の水処理企業の間でシェアを拡大しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]