構造ヘルスモニタリングの市場規模、2027年に38億1,510万米ドル到達見込み

構造ヘルスモニタリングの市場規模は、2019年に16億7,400万米ドル、2020年から2027年にかけて14.5%のCAGRを記録し、2027年には38億1,510万米ドルに達すると予測されています。

構造ヘルスモニタリング(SHM)とは、構造物や機器の耐用年数中に、接続された幅広いセンサーを通じて収集されたデータを収集・分析することを指します。対象物の劣化状態を非破壊で継続的に把握し、定量化することで、補修やメンテナンスの必要性を予測する手法です。

長年にわたり、構造ヘルスモニタリング(SHM)技術は、土木工学の新しい分野として注目を集めてきました。SHMは、現代の土木構造物やシステムの設計、解析、保守において重要なツールとなっています。構造ヘルスモニタリング市場の成長は、構造ヘルスモニタリングへの関心の高まり、ヨーロッパや北米におけるインフラの老朽化、国内外の航空会社の航空機の老朽化、検査コストの削減、自然災害の頻発などが要因となっています。さらに、インフラへの投資の増加や無線センサーネットワークの進歩は、構造ヘルスモニタリング市場に大きなチャンスをもたらしています。しかし、導入コストの高さやデータの正規化に関する課題が、構造ヘルスモニタリング市場の成長を抑制しています。

土木構造物の構造ヘルスモニタリングは、建設管理やメンテナンスの分野で世界的に普及しています。SHMは、検査コストや調査時間を削減し、動的負荷や地震対策の下での構造物の挙動を、リアルタイムまたはリアルタイムに近いデータ情報でよりよく理解することを可能にします。土木構造物のSHMは、地震後のシナリオでより優れた管理を保証し、救助活動をサポートします。しかし、ダムの静的および動的応力の構造ヘルスモニタリングは、構造的応答の悪影響のために、長年にわたって大きな注目を集めています。また、実際のダムの構造応答は、様々な環境やその他の荷重条件により、設計時に計算された初期値とは異なります。これらの差異は、構造の種類、構造モデリングや解析の際の仮定、設計案と最終構造の違いによって生じることが予想されます。

さらに、各国政府が最新技術の開発と採用に力を入れていることも、構造ヘルスモニタリングシステムの導入を促進する大きな要因となっています。例えば、欧州政府は、TRIMIS(Transport and Research and Innovation Monitoring and Information System)プログラムの下、COST Action TU1402を実施しました。COSTアクションTU1402は、2014年から2019年にかけて活動し、SHMの価値の高さや、インフラの管理・設計における社会的・産業的影響に関する科学的根拠を得ることを目的としました。構造ヘルスモニタリングを最適かつ目標に沿って使用することで、運用コストを最大90%削減し、信頼性、堅牢性、安全性の向上を促進することでリスクを低減することができました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]