セキュリティスクリーニング市場規模、2027年に191億8,000万米ドル到達見込み

セキュリティスクリーニング市場の展望 – 2027年

セキュリティスクリーニング市場規模は、2019年に83億5,000万米ドル、2020年から2027年にかけて10.2%のCAGRを記録し、2027年には191億8,000万米ドルに達すると予測されています。

セキュリティスクリーニング機器は、金属探知機や爆発物探知機など、セキュリティと安全の目的で使用されます。セキュリティスクリーニングでは、徹底した調査と背景の確認により、個人が機密情報にアクセスできるようにします。テロや不正行為の増加に加え、政府の厳しい基準により、セキュリティスクリーニング・システムの成長が加速しています。これらのシステムは、テロや国境を越えた侵入の脅威が高まっていることから、軍事・防衛分野での採用率が高くなっています。

インターネット接続などの技術的進歩により、遠隔地や重要な場所でのリアルタイム監視が可能になり、精度も向上しました。これらのデバイスは費用対効果が高く、犯罪行為を浮き彫りにするのに役立ちます。国境を越えたテロや密輸の増加に伴い、侵入検知システムの利用は世界的に拡大しています。これらのシステムは、個人のアイデンティティを確認し、人々が情報にアクセスするのに役立ちます。さらに、市場の成長を促す主な要因として、国内だけでなく海外からの脅威、違法行為、犯罪の増加が挙げられます。そのため、世界的にセキュリティは重要な要素となっています。

また、セキュリティスクリーニング市場の成長を促進する要因としては、地域間でのセキュリティに対する懸念の高まり、セキュリティやスクリーニングにおける自動化の導入、公共の集まりにおける大規模な監視の必要性の高まりなどが挙げられます。一方で、全身スキャナーの導入に伴うコストの高さや、X線ボディスキャナーのX線放射による健康被害の増加などが、セキュリティスクリーニング市場のハードルとなっています。しかし、IoTを活用したセキュリティカメラの導入や、空港での爆発物の自動検知の需要の増加など、セキュリティスクリーニングには多くの技術やトレンドがあり、それがセキュリティスクリーニング市場に大きなチャンスをもたらしています。

セキュリティスクリーニング市場のセグメント化

セキュリティスクリーニング市場のシェアは、タイプ、エンドユース、地域に基づいてセグメント化されています。タイプ別では、X線システム、金属探知機、爆発物探知機、生体認証システム、その他に分けられます。エンドユースでは、政府機関、空港、教育機関、公共の場、その他に分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分けられています。

セキュリティスクリーニング業界の主要企業としては、Smiths Group plc.、L-3 Communications Holdings、OSI Systems Inc.、Honeywell International Inc.、Lockheed Martin Corporation、Raytheon Company、Security Electronic Equipment Co. Ltd.、United Technologies Corporation、Safran S.A.、Argus Global Pty.などがあります。

これらの主要企業は、製品ポートフォリオの拡大、M&A、契約、地理的拡大、共同研究などの戦略を採用し、市場への浸透を図っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]