タクシー市場規模、2027年に1,208億9,000万米ドル到達見込み

タクシー市場の統計 – 2027

タクシー市場は、2019年に691億8,000万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて12.3%のCAGRを記録し、2027年には1,208億9,000万米ドルに達すると予測されています。

政府や医療機関が実施しているソーシャルディスタンスの規制は、市民が安全のために他の人から2メートル以上の距離を保つことを推奨しています。これにより、ライドシェアサービスの日常的な通勤利用が制限されています。ユーザーは健康と安全への懸念から自家用車で移動することを好み、2020年の市場規模の妨げになっています。しかし、2020年9月からは、ロックダウン規制の緩和、国内・海外旅行、政府の指示に沿って、タクシーサービスが世界各地で徐々に再開されました。タクシー会社やライドハイリングサービス会社は、感染力の高いCOVID-19感染症から乗客やドライバーの安全を守るために、必要かつ適切な対策を講じています。

タクシーは車両リースサービスの一種で、車両と一緒に運転手のサービスを受けることができます。このサービスは、1人または複数の乗客が、共有または非共有のオプションに基づいて利用することができます。乗客は、電話やメッセージでタクシーを予約したり、サービス提供者の所在地に行ったり、インターネットを利用したスマートフォンのアプリケーションやウェブサイトを利用してタクシーを呼ぶことができます。乗客は、あらかじめ決められたルートでタクシーを予約したり、借りたりすることができます。一般的には、乗用車、オートバイ、スクーター、ミニバン、バン、バス・コーチ、オートリクシャー、自転車、三輪車などがタクシーサービスに使用されています。いくつかの国では、リキシャやペディキャブのような人力車、ハンサムキャブのような動物力車、水上タクシーや航空タクシーなどもタクシーサービスに使用されています。

ライドハイリングやライドシェアサービスの需要増加、オンラインタクシー予約チャネルからの需要増加、車両所有コストの増加などの要因が、タクシー市場の成長を促進すると予想されています。しかし、公共交通機関の整備や、世界各国でのタクシーサービスに関する政府規制の違いが、市場成長の妨げとなっています。さらに、ロボタクシーの開発や、環境に優しい電気タクシーの登場は、予測期間中の市場成長に有利な機会を提供すると期待されている要因の一つです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]