BFSIセキュリティの市場規模、2027年に1,144億9,800万米ドル到達見込み

BFSIセキュリティ市場の展望 – 2027年

BFSIセキュリティ市場の規模は、2019年には427億3,800万米ドル、2027年には1,144億9,800万米ドルに達し、13.2%のCAGRを記録すると予測されています。

BFSIセクターには、銀行、金融サービス、保険会社などが含まれ、これらの企業は高度に規制された安全なビジネス環境で運営されています。また、様々な業務基準におけるデータ漏洩やその他のセキュリティ問題により、BFSIセキュリティの必要性が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、BFSIセキュリティソリューションとサービスは、銀行や金融機関のサイバーセキュリティと物理的セキュリティの両方を実現し、財務の長期的な可視性を確保します。

世界のBFSIセキュリティ市場の成長を促進する主な要因は、データ盗難、窃盗、サイバー攻撃などの物理的・仮想的な脅威の増加が市場の大きな成長要因となっていることです。また、先端技術の導入やソフトウェアプログラムの導入によるビジネスモデルの変化により、データに対するセキュリティ上の懸念が大きくなっています。このような要因がBFSIセキュリティ市場の成長を促進しています。しかし、セキュリティソフトウェアやソリューションの導入には莫大なコストがかかることや、第三者によるセキュリティサービスによるリスクの増加などが、市場の成長を妨げる要因となっています。

さらに、オーストラリア、中国、インド、シンガポール、韓国などの新興国では、BFSIセキュリティソリューションプロバイダがサービスを拡大・発展させる大きな機会があります。さらに、BFSI分野でのインターネット導入の急増や、インターネットを介したデジタル化されたプラットフォームの利用は、予測期間中に有利な機会を提供すると予想されます。

2019年のBFSIセキュリティ業界では、大企業セグメントが優位に立っており、予測期間中もその優位性を維持すると予測されています。これは、このセグメントに属する企業が膨大な量のデータを扱うため、規制プログラムの導入を余儀なくされていることに起因します。そのため、BFSIセクターには上場企業が多く存在し、市場におけるセキュリティソリューション&サービスの重要性が強調されています。

セグメントレビュー

BFSIセキュリティ市場は、セキュリティタイプ、企業規模、エンドユーザー、地域別に分類されています。セキュリティタイプに基づいて、市場は物理的セキュリティと情報セキュリティに二分されています。物理的セキュリティでは、市場はさらにシステムとサービスに分かれています。情報セキュリティを基準にすると、市場はさらにソリューションとサービスに分類されます。企業規模別では、大企業と中小企業(SME)に分けられます。エンドユーザー別では、銀行、保険会社、その他に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]