COPD・喘息の診断およびモニタリング機器の市場規模、2027年に80億2,062万米ドル到達見込み

COPD・喘息の診断およびモニタリング機器の市場規模は、2019年に49億5,360万米ドル、2020年から2027年にかけて6.3%のCAGRを記録し、2027年には80億2,062万米ドルに達すると予想されています。

COPD・喘息の診断およびモニタリング機器は、COPD(慢性閉塞性肺疾患)や喘息などの肺疾患を患っている患者の評価、診断、ケアに使用されます。加齢に伴い肺の機能が低下すると、呼吸器系は様々な生理的、機能的、免疫学的変化を起こします。慢性肺疾患や喘息の発生率の上昇が、市場の成長を促しています。さらに、これらの機器は、据え置き型から携帯型へと進化したことで、病院や在宅医療の現場でも使用できるようになりました。

COPD・喘息の診断およびモニタリング機器市場は、コロナウイルス(COVID-19)の世界的な広がりが続く中、ポジティブな影響を受けています。市場の主要プレーヤーは、医療システムや医療従事者を積極的にサポートしています。例えば、フィリップスは、中等度から高度の重症度に至るまでの侵襲的および非侵襲的な人工呼吸、患者モニタリング、医療用消耗品などのソリューションを提供しています。さらに、COVID-19の流行により、COPD・喘息の診断およびモニタリング機器市場は急激な成長を遂げています。COVID-19は本質的に呼吸器系の病気であることから、COVID-19治療中の肺の生理機能をモニターするために、COPD・喘息の診断およびモニタリング機器の使用が促進されています。これにより、近い将来、製品の需要が増加し、COPD・喘息の診断・モニタリング機器市場の成長を促進することが予想されます。

さらに、大気汚染、気候の変化、アレルギーなどが市場の成長を促進しています。技術的に進歩した機器の開発、規制当局からの承認、製品の発売が市場の成長を促進しています。しかし、機器のコスト高や厳しい規制手続きが市場の成長を妨げています。さらに、当局や政府が医療制度の改善やCOPD・喘息の診断およびモニタリング機器の利点に関する認識を広めるために行っている取り組みの増加も、世界のCOPD・喘息の診断およびモニタリング機器市場の成長を促進すると予想されます。

喫煙やアルコール摂取などの生活習慣の増加、高齢者人口の増加が市場を押し上げる大きな要因となっています。新しいデバイスのための技術的進歩、規制当局からの承認、製品の発売が市場の成長をさらに促進しています。また、大気汚染、気候変動、粉塵の蔓延も市場の成長を促進しています。さらに、呼吸器系疾患の有病率の上昇が世界的に増加しています。2017年、WHOによると、呼吸器系疾患は世界の死亡および障害の主要原因と考えられています。約6,500万人がCOPDに罹患し、毎年300万人がCOPDで死亡すると予想されており、世界全体で死因の第3位となっています。さらに、約3億3,400万人が喘息に苦しんでいます。喘息は、小児期に最もよく見られる慢性疾患であり、世界の全児童の14%が罹患しています。一方、COPD・喘息の診断およびモニタリング機器の使用を促進する規制が急増していることや、発展途上国における研究資金の増加は、将来的に市場に有利な機会をもたらすと予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]