業務用調理器具の市場規模、2027年に129億米ドル到達見込み

業務用調理器具の市場規模は、2019年に107億米ドル、2021年から2027年までのCAGRは5.2%を記録し、2027年には129億米ドルに達すると予測されています。

業務用調理器具は、業務用厨房での調理に使用されます。これらの機器には、ケトル、レンジ、オーブン、フライヤーなどが含まれます。これらの機器は、レストラン、ホテル、ケータリング、その他の業務用厨房などの外食産業で使用されます。業務用調理器具の需要を大きく左右するのは、ホスピタリティ産業の発展です。さらに、多機能で効率的、省スペース、省時間の業務用調理器具への需要が高まっていることも、業務用調理器具市場の成長に貢献しています。

フードサービス業界では、自動化技術を組み込んだ機器に注目が集まっています。そのため、業務用調理器具メーカーは、IoT(モノのインターネット)を取り入れた新しい機器を発売し、市場での競争力を維持するために新機能を取り入れています。コネクテッド機器の分野における新たなイノベーションにより、業務用調理器具業界の関係者は、「コネクテッド業務用機器市場で発生する新たな機会を活用することができるでしょう」と述べています。

世界の業務用調理器具市場は、製品タイプ、最終用途、地域に分類されます。製品タイプ別では、ブレージングパン/チルトスキレット、ブロイラー/シャルブロイラー/グリル/グリドル、クックチルシステム、フライヤー、クッカー、レンジ、ケトル、スチーマー、オーブン、その他に分類されます。エンドユースに応じて、フルサービスレストラン、クイックサービスレストラン、ケータリングに分けられます。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペイン、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、インド、日本、ASEAN、韓国、その他のアジア太平洋)、LAMEA(ブラジル、アルゼンチン、UAE、南アフリカ、サウジアラビア、その他のLAMEA)に分類されています。

業務用調理器具市場におけるレンジセグメントは、2019年に最も高い市場シェアを占め、業務用調理器具市場の予測期間中に強固なCAGRで成長することが見込まれています。レストランでは、お客様に最高のサービスを提供するために、調理、揚げ物、茹で物、焼き物、ベーキングなどの複数の機能を実行できるため、時間とスペースを節約できる調理レンジに投資しており、これが業務用調理器具市場の成長を促進しています。しかし、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予想されるのはフライヤー分野です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]