乳タンパク質濃縮物の市場規模、2027年に39億2,360万米ドル到達見込み

乳タンパク質濃縮物の市場規模は、2019年に30億9,090万米ドルとなり、2027年には39億2,360万米ドルに達し、CAGR 5.3%を記録すると予測されています。2019年には、北米が最も収益貢献度が高く、金額シェアが最も高く、CAGR 4.8%で成長すると予測されています。乳タンパク濃縮物の消費量では米国がトップで、予測期間中もこの傾向が続くと予想されます。

乳タンパク質濃縮物(MPC)は、カプセル化された生物学的に利用可能なカルシウムを多く含む乳抽出物です。高濃度のタンパク質を含むため、食品・飲料分野で幅広い用途に使用されています。主にパッケージされた乳製品に使用されますが、プロテインサプリメント、乳児用栄養食品、機能性食品の主要成分としても使用されています。アジア諸国は乳タンパク質濃縮物の主要な生産国であり、輸出国でもあります。中国と日本が乳タンパク質濃縮物の主要な輸出国であり、インドとオーストラリアがそれに続きます。

乳タンパク質濃縮物市場の需要は、買い手の間で一貫しています。新型コロナウイルスの発生は、世界的に市場の成長に悪影響を及ぼしています。ロックダウンの実施による生産量の減少により、乳タンパク質濃縮物質の販売が減少しています。さらに、サプライチェーンの混乱は、世界市場への製品供給にも影響を与えています。

世界の乳タンパク質濃縮物質市場の成長は、栄養食品への需要の急増に起因しています。また、健康や栄養食品に対する意識の高まりから、消費者は健康的なライフスタイルや食生活を送り、プロテインサプリメントを利用してタンパク質の摂取量を増やしており、これが市場の成長を促進しています。さらに、多忙なライフスタイルや女性の労働参加率の上昇により、赤ちゃんの栄養ニーズに焦点が当てられるようになり、そのニーズを満たすのが乳児用ミルクです。乳タンパク質濃縮物は乳児用ミルクの主要成分の一つであり、これが将来的に乳タンパクの需要を促進する可能性があります。しかし、ヴィーガン(完全菜食主義)の増加は、世界市場の主な阻害要因となっています。一方、ジンバブエ、リベリア、エリトリア、ブルンジなどのアフリカの様々な地域では、プロテインサプリメントやプロテインベースの食品はまだ初期段階にあります。これらの国々は未開拓であり、乳タンパク質濃縮物質市場の成長の潜在的な機会となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]