腫瘍・癌治療薬の市場規模、2027年に2,223億8,000万米ドル到達見込み

腫瘍・癌治療薬市場の概要

腫瘍・癌治療薬市場は、2019年には1,283億5,200万米ドルとなり、2027年には2,223億8,000万米ドルに達し、7.4%のCAGRを記録すると予測されています。

癌は、異常な細胞増殖に関連する病気のグループであり、体の他の部分に転移する可能性があります。主な癌の種類には、癌、肉腫、リンパ腫、白血病などがあります。肉腫は、筋肉や骨などの結合組織に発生します。軟部肉腫は、脂肪組織で始まることがあります。さらに、患者の癌治療には、ホルモン療法、免疫療法、標的療法など、さまざまな薬剤を使用する必要があります。さらに、様々な種類の癌、特に血液癌(白血病)の治療には、モノクローナル抗体(mAb)をベースにした生物学的製剤が好ましい選択肢として浮上しています。様々な癌疾患の発生率の上昇、先進的な治療法(生物学的治療法や標的薬剤治療法)の普及、世界的な高齢者人口の増加などが、世界の腫瘍・癌治療薬市場の成長を促進する主な要因となっています。さらに、癌に対する意識の高まりや抗癌剤の入手のしやすさも、市場の成長を後押しすると考えられます。

COVID-19パンデミックは、癌治療を含む医療提供のほぼすべての側面を破壊しましたCOVID-19の発生は、国をまたいだ医薬品原料や製品の取引が制限されたためにサプライチェーンが混乱し、2020年の腫瘍・癌治療薬市場の大きな抑制要因となっています。また、COVID-19は、発熱、咳、呼吸困難などのインフルエンザに似た症状を呈する感染症です。COVID-19のパンデミックは、臨床試験や医薬品のサプライチェーンを混乱させることで、腫瘍・癌治療薬市場の最も重要な分野に影響を与えています。パンデミックは、癌患者への癌治療薬の供給に直接影響を与えています。化学療法やその他の特定の治療をクリニック以外で行うことは困難です。また、COVID-19の蔓延により、患者が治療だけでなく新薬の臨床試験を受ける意欲や能力が低下しています。COVID-19が新しい治療法の研究開発を妨げていることは、腫瘍・癌治療薬市場にとって最も大きな打撃の一つとなっています。Centre for Drug Development(英国)によると、パンデミックの影響で英国の臨床試験の募集は当初、ほぼ停止していました。

世界の腫瘍・癌治療薬市場の成長は、様々な癌疾患の発生率の増加、先進的な治療法(生物学的治療法や標的薬剤治療法)の人気の上昇、世界的な高齢者人口の増加などが主な要因となっています。さらに、癌に対する意識の高まりや抗癌剤の入手のしやすさも、市場の成長を後押しすると考えられます。しかし、新薬の開発には高いコストがかかること、抗癌剤治療には失敗や副作用の恐れがあることなどが、市場の成長を阻害すると予想されます。逆に、新興国のポテンシャルの高さや、パイプライン製品の増加は、将来的に市場のプレーヤーに新たな機会を提供すると期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]