プラスチック押出成形機の市場規模、2027年に79億3,040万米ドル到達見込み

プラスチック押出成形機の市場展望-2027年

プラスチック押出成形機の市場規模は、2019年に63億300万米ドル、2020年から2027年にかけて4.5%のCAGRを記録し、2027年には79億3,040万米ドルに達すると予測されています。プラスチック押出成形機は、連続したプロファイルの押出成形プラスチック製品を大量に生産するために設計された機械システムです。市場のプレーヤーは、顧客の要求を満たすために様々なサイズ、タイプ、バリエーションのプラスチック押出成形機を提供しています。

自動車、包装、医療などの製造業では、さまざまなタイプのプラスチック押出成形機の需要が高くなっています。プラスチック押出成形は、一定の断面形状のプラスチック製品を製造するための方法です。PVC、PP、PEなどのポリマーを、任意の形状・断面のダイに通してプレスすることで、ウェザーストリップライン、パイプ、チューブ、プラスチックフィルム、窓枠、プラスチックシート、電線絶縁材、熱可塑性塗料などのプラスチック製品を押出成形することができます。

世界的な省エネ意識の高まりが、プラスチック押出成形機市場の成長を後押ししています。そのため、プラスチック押出成形機メーカーは、効率的で信頼性の高い2軸プラスチック押出成形機の製造に注力し、市場の成長を後押ししています。

例えば、日本製鋼所(JSW)の二軸押出成形機TEXシリーズは、フィルムやシートを直接加工するための高い脱ガス性能と高い混練性能を兼ね備えています。さらに、プラスチック押出成形による生産率の向上と迅速な生産は、世界のプラスチック押出成形機市場の成長を促進すると推定されます。

さらに、消費者の多忙なライフスタイルにより、冷凍食品の採用が増加しており、それに伴いプラスチック押出成形品も増加しており、プラスチック押出成形機の需要増加につながっています。

エネルギー効率の高い革新的なブローフィルム押出成形機の製造に注力する消費者が増えていることも、この市場に影響を与えています。例えば、Shubham Extrusion Pvt.Ltd.は、5層および7層共押出成形ブローフィルムプラント、ツインダイブローフィルムプラントなど、ラミネートフィルム、宅配袋用フィルム、農業用フィルム、ライナーバッグなどの様々な用途に対応した、様々なブローフィルムプラスチック押出成形機を市場に提供しています。

建築・建設業界におけるプラスチック押出成形機のニーズの高まりが、市場の成長を牽引すると予想されます。また、輸送業界からの押出成形機の需要の増加も、プラスチック押出成形機市場の成長を後押しします。

China National Chemical Corporation Ltd.、UNION Officine Meccaniche SpAなどの主要プレイヤーは、建築・建設用途のプラスチック押出成形機の提供に注力しています。例えば、2018年12月、UNIONは、厚さ20mmから160mm、時間当たりの生産量が1500kgに等しいXPSパネルの製造用の新しい押出ラインを発表しました。これは建築用途に最適です。

しかし、プラスチック押出成形機に必要な初期の工具や機械のコストが高いことが、プラスチック押出成形機市場の成長を抑制すると予想されています。例えば、大型で複雑な金型機械の価格は約8万米ドル以上です。さらに、メンテナンスや設置にも高いコストがかかります。

反対に、人工知能ベースのプラスチック押出成形機や、ソフトウェアでサポートされたプラスチック押出成形機などの技術的進歩は、プラスチック押出成形機市場の成長に有利な機会を提供すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]