FMCGロジスティクス市場規模、2027年に1兆4,008億米ドル到達見込み

FMCGロジスティクス市場統計 2021-2027年

FMCGロジスティクス市場は、2019年に1兆5,658億米ドルを計上し、2020年から2027年までのCAGRは4.6%を記録し、2027年には1兆4,008億米ドルに達すると予測されています。輸送モード別に見ると、2019年には道路セグメントが4,316億6,000万米ドルで最も収益に貢献し、2027年には5,180億8,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中のCAGRは3.30%を記録しています。

COVID-19の影響は、世界中のロジスティクスに依存するすべての輸送手段に広く及んでいます。パンデミックの影響で苦戦している業界もありますが、ヘルスケア&医薬品、電子商取引、日用品雑貨業界など、繁栄している業界もあり、COVID-19が世界的に流行している間、ロジスティクス業界にポジティブな影響を与えることが予想されます。しかし、2020年の第1四半期には、オンラインの食品・飲料と日用品の需要がそれぞれ11.3%、36.7%急増しました。また、COVID-19の発生により、強力で広範な流通ネットワークを持つ大手FMCGブランドは、消費者へのラストマイル配送を実現するための新しいモデルを評価し、採用することになりました。ラストマイルの接続性や流通の課題を軽減するために、一部のFMCGブランドは、フードデリバリーやハイパーローカルデリバリーのアプリケーションと提携しています。

ロジスティクスとは、設備、食品、液体、在庫、材料、その他の製品などの資源を、ある場所から保管場所や目的地まで調整して移動させるプロセスとして広く知られています。お客様の要求を満たすために、ある出発点から消費点までの商品の流れを管理することです。FMCGロジスティクス管理は、日常的に使用される商品のある場所から別の場所への輸送に関する日々の活動を、効率的かつ効果的に管理することに重点を置いています。

サプライチェーンマネジメントの一環として、商品の効率的かつ効果的なフォワードフロー、リバースフロー、およびストレージを計画、実行、管理することをいいます。ロジスティクスは主に、サードパーティロジスティクス(3PL)、インバウンドロジスティクス、アウトバウンドロジスティクス、リバースロジスティクス、グリーンロジスティクス、コンストラクションロジスティクス、デジタルロジスティクス、ミリタリーロジスティクス、その他のロジスティクスサービスなど、さまざまなサービスで構成されています。

世界のFMCGロジスティクス市場は、FMCGロジスティクス業界における電子商取引の浸透、ライフスタイルの変化、急速に進化する消費者の習慣、可処分所得の増加、テクノロジーを駆使したロジスティクスサービスの台頭、IoT対応の接続機器の導入拡大などの要因によって牽引されています。さらに、インフラの不備やロジスティクスコストの上昇、メーカーや小売業者がロジスティクスサービスをコントロールできないことなどが、世界市場の成長を妨げています。しかし、ラストワンマイル配送、ロジスティクスの自動化、コスト削減、マルチモーダルシステムの採用によるリードタイムの短縮などは、世界のFMCGロジスティクス市場の成長に有利な機会を提供すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]