酵素市場、2027年に145億760万米ドル到達見込み

酵素は、生体反応において反応速度を変化させ、目的とする結果をもたらす生体触媒です。酵素はタンパク質で構成されており、その用途の広さから近年特に注目されています。酵素は、食品・飼料、繊維・洗剤、医薬品・バイオテクノロジーの研究開発、製造業、その他(紙・パルプ加工、皮革加工、農業)の分野で使用されています。酵素を製造工程に応用することで、大幅なコスト削減とエネルギー消費の抑制、さらに優れた基質活性が得られることから、酵素産業の拡大に貢献しています。酵素市場は、2019年に86億3,680万米ドル、2020年から2027年にかけて6.5%のCAGRで推移し、2027年には145億760万米ドルに達すると予測されています。

分析期間中、酵素市場の成長を促進する要因は数多くあります。バイオテクノロジー、医薬品、食品・飲料、そしてバイオ燃料産業は、酵素が提供するメリットを享受しています。製薬業界では、効果的な医薬品を製造するために有効な医薬品成分(API)の中間体を合成するために、酵素の需要が急増しており、酵素市場の成長を後押しすると予想されています。また、食品・飲料業界における複雑な分子を単純な分子に変換する酵素の能力(デンプンをグルコースに変換する能力)、洗剤業界における油脂汚れの除去、バイオ燃料生産用のバイオエタノール、紙・パルプ業界における漂白特性の向上なども、今後の酵素需要を押し上げる要因となるでしょう。また、消化器系疾患や炎症などの慢性疾患の増加や、バイオ燃料などの再生可能エネルギーの需要の高まりが、市場の成長をさらに後押ししています。逆に、酵素の取り扱いや安全性の問題、温度やpHに対する感度の高さなどが市場の成長を妨げる要因になると予想されます。一方で、タンパク質工学技術における酵素の応用に関する認識の高まりや、未開拓の新興国における高い市場ポテンシャルは、市場拡大のための有利な成長機会を提供すると期待されています。

COVID-19の影響

COVID-19危機は、酵素市場にプラスの影響を与えると予想されます。これは、消費者の家庭用品への関心の高まりや、自宅での食事需要の増加に伴い、栄養や免疫力を高める製品における酵素の需要が増加していることに起因しています。しかし、企業は、断続的なサプライチェーン活動や、貿易制限やロックダウンによる不確実な市場環境のために、現在、課題に直面しています。このようなマイナスの影響は、食品・飲料や医薬品業界における酵素の需要の急増によって補われると予想されます。このように、パンデミックが蔓延している間は、予防的な健康法や免疫力を高める食事療法などに対する意識が高まっているため、業界の主要なプレーヤーにとっては、全体的にプラスの影響が続くと予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]