パレット市場規模、2027年に1,105億6,570万米ドル到達見込み

パレットの市場展望-2027年

パレットの市場規模は、2020年から2027年にかけて5.1%のCAGRで成長し、2019年の790億860万米ドルから、2027年には1,105億6,570万米ドルに達すると予測されています。パレットは、サプライチェーンにおける商品の積み上げ、保管、保護、輸送に使用できる三次梱包形態です。また、物流や倉庫での商品のユニット化のベースとしても利用されています。

また、パレットは、木材、プラスチック、金属、段ボールなどの素材を用いて製造され、フォークリフト、パレットジャッキ、コンベアなどの運搬機器を用いて取り扱うことができます。パレットは、化学、食品・飲料、小売など、ほとんどすべてのサプライチェーンで使用されています。

電子商取引業界の空前の成長が、パレットの需要を大きく押し上げると予想されています。COVID-19の流行により、特にインドなど、これまで電子商取引があまり普及していなかった国では、人々の電子商取引プラットフォームへの関心が高まっています。電子商取引の増加により、サプライチェーンは、商品の出入りの流れとコストを管理するための輸送とロジスティクスの開発を迫られています。オンラインでの注文は一般的に少量かつ頻繁に行われるため、商品管理のためのより多くの資産が必要となります。これにより、電子商取引をベースとした物流に必要なパレットの需要が生まれ、それがパレット市場の成長を後押ししています。

さらに、持続可能なパッケージングやパレットへの注目が高まっていることも、パレット市場の成長を促進すると考えられます。現在使用されているパレットの大半は木材で製造されており、都市固形廃棄物(MSW)の中でも大きな割合を占めています。さらに、廃棄される木製パレットにはエネルギーが豊富に含まれていますが、一般的にはMSWの処理の際に無駄になってしまいます。そのため、企業は現在、パレット製造用の木材の無駄を減らすためにリサイクル技術を採用しています。例えば、オーストラリアのBrambles Ltd.やドイツのCABKA Group GmbHなどは、完全にリサイクル可能な、あるいは100%再利用可能な木製およびプラスチック製パレットの製造に向けて努力しています。

しかし、特にヨーロッパと北米における木材価格の変動が、パレット市場の成長を制限しています。欧州と北米は木製パレットの最大の消費地であるため、木材の価格変動はパレット業界の消費パターンに影響を与えます。加えて、COVID-19パンデミックの発生は、国際貿易や製造業のサプライチェーンに悪影響を及ぼしました。これは、2020年のパレットの需要に影響を与えました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]