LNGバンカリング市場規模、2027年に51億4,000万米ドル到達見込み

LNGバンカリング市場の概要

LNGバンカリング市場規模は、2019年に3億8,000万米ドル、2020年から2027年までのCAGRは45.2%で成長し、2027年には51億4,000万米ドルに達すると予測されています。LNGバンカリングとは、船舶が自家消費するためにLNGを船舶に移すことです。LNGを船舶用燃料として使用することの利点は、船舶からの排出物が少ないこと、運航・出荷コストが低いこと、安全性が高いこと、無毒であることなどが挙げられます。船舶輸送による汚染に対する厳しい環境規制が、LNGバンカリング市場の主な成長要因になると予想されます。過去5年間で、LNGは海運業界で人気の燃料となりました。さらに、LNGの流通インフラを強化することに注力しており、LNGを搭載する船舶の数も増加していることから、予測期間中の市場成長を促進すると考えられます。

COVID-19の発生は、世界のLNGバンカリング市場にマイナスの影響を与えています。COVID-19が発生したことにより、海上貿易や輸送活動が一時的に禁止されたため、サプライチェーンが混乱し、海運業界の燃料需要が減少したことが原因です。

IMO(国際海事機関)による船舶用燃料の硫黄含有量の規制や、ガス探査・生産活動の活発化が、世界のLNG燃料市場の成長を促す主な要因となっています。しかし、LNGバンカリングにおける需要と供給のギャップが、世界市場の成長を阻害する主な要因となっています。代替船舶燃料としてのLNGへの注目の高まりは、世界市場に機会をもたらすと期待されています。

世界のLNGバンカリング市場は、製品タイプ、用途、地域に基づいて分類されています。製品タイプでは、トラックから船へ、ポートから船へ、船から船へ、ポータブルタンクに分類されています。用途では、コンテナ船団、タンカー船団、貨物船団、フェリー、内航船に分類されています。地域では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

世界のLNGバンカリング市場における主要企業には、Broadview Energy Solutions B.V.、Crowley Maritime Corporation、Gasum Oy、Harvey Gulf International Marine、Klaw LNG、Korea Gas Corporation、Polskie LNG S.A.、Royal Dutch Shell Plc、SHV Energy、Total SE、PETRONAS、Exxon Mobil Corporationなどがあります。

また、LNGバンカリング業界のバリューチェーンには、ENN Energy Holdings, Ltd.、Statoil ASA、Gas Natural Fenosa、Eagle LNG、EVOL LNG、Fjord Lineなどが含まれています。

主要企業は、LNGバンカリング市場での競争力を維持するために、製品の発売、契約、パートナーシップ、事業拡大、協力、買収など、数多くの戦略を採用しています。

例えば、Total SEはEngieの上流の液化天然ガス(LNG)のポートフォリオを買収しました。このポートフォリオには、液化プラント、キャメロンLNGプロジェクト(米国)、長期的なLNG売買契約、LNGタンカーフリート、欧州での再ガス化能力へのアクセスなどが含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]