風力エネルギーの市場規模、2027年に1,272億米ドル到達見込み

風力エネルギー市場の概要 – 2027年

風力エネルギー市場規模は、2019年には621億米ドル、2020年から2027年にかけて9.3%のCAGRで成長し、2027年には1,272億米ドルに達すると予測されています。このタイプの再生可能エネルギーは、運動エネルギーから電気エネルギーを生成するために使用されます。風力タービンは、風力を機械的エネルギーに変換し、この機械的エネルギーはさらに発電機を介して電気エネルギーに変換されます。風力エネルギーは、洋上と陸上で生成することができます。陸上風力エネルギーは陸上に設置された陸上タービンに関連しており、一方、海上風力タービンは海洋に設置されています。しかし、風の流れが安定しているため、洋上風力発電は陸上風力発電よりも効率が良いです。

しかし、遠隔監視のためのデジタル化の導入や、持続可能なエネルギー源への需要の高まりにより、COVID-19後の市場成長は緩やかなものとなるでしょう。

再生可能エネルギーへの需要が大幅に増加していることが、風力エネルギー市場の成長を促進すると予想されます。世界各国の政府は、従来の電力源とは異なり、二酸化炭素の排出量を削減できる持続可能なエネルギー源を推進しています。さらに、洋上風力発電技術は水深の制約を取り除くことができるため、発電に最適な場所を選択することができます。例えば、2017年6月、ノルウェーのエネルギー企業であるStatoil社は、Hywindタービンプロジェクトのために2億6,800万米ドルを投資しました。このプロジェクトでは、スコットランド北東部沿岸の水深78メートルの場所に浮体式風力発電機を設置しました。また、風力発電の効率は、従来の化石エネルギー(石炭、天然ガス、石油)に比べて高く、化石燃料の効率が35〜45%であるのに対し、風力発電の効率は最大で59%にもなります。

しかし、複数の係留索やアンカーを備えた洋上風力発電機の初期設置費用は高額になる可能性があります。また、暴風雨やハリケーンが発生した場合、風車が大きな被害を受ける可能性があります。しかし、風力発電機の構造に関する技術の進歩により、ノードやコンポーネントの数を減らした「ツイストジャケット」基礎などが、激しい嵐に対する恒久的な解決策となる可能性があります。内側に打たれたガイド構造は、堅牢で安全な構造を提供し、設置コストも削減します。このような新しい開発は、風力エネルギー市場にさらなる機会をもたらすでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]