射出成形機の市場規模、2027年に144億1,600万米ドル到達見込み

射出成形機の市場規模は、2019年に108億9,030万米ドル、2027年には144億1,600万米ドルに達し、CAGR5.7%で成長すると予測されています。射出成形機は、ゴム、プラスチック、金属、セラミックなどの物質で構成された製品を作るために使用されます。射出成形機は、自動車、パッケージ、玩具、建設業、消費財、物流など、さまざまな業界で使用されています。 射出成形機は、エネルギー効率が高く、大量のプラスチック製品を生産するための理想的なソリューションとして機能します。

自動車、包装など様々な業界での射出成形機の採用が増加していることが、射出成形機市場の成長を後押ししています。また、Milacron Holding Corp、Dr. Med BOY GmbH&Co KGなどの主要プレーヤーは、クランプ力が200トン未満の射出成形機を提供しています。例えば、Milacron社は、医療、自動車、電気製品などの要求の高いアプリケーション向けに、17、33、55、110、130、165トンのクランプ力を持つRoboshot射出成形機シリーズを提供しています。同様に、Dr. Med. BOY GmbH & Co. KG社は、耐久性があり、サービスコストが低く、非常に小さな部品を生産することができる最大1,000kNの射出成形機を提供しています。また、剛体プラテン、5点トグル機構、高速クランプオプションなどを搭載しています。これらの機械は、自動車産業や包装産業で広く使用されています。このような要因が、射出成形機市場の成長を促進すると考えられます。

包装業界では、包装製品の美的価値や環境への配慮を高めるために、高効率の射出成形機を採用して包装部品やコンポーネントを製造するケースが増えており、これが射出成形機市場の成長を促進すると予想されています。また、BMB S.p.a.、Arburg GmbH + Co KG、Engel Austria GmbHなどの大手企業が、包装業界向けに射出成形機を提供しています。例えば、住友重機械工業の子会社である住友(SHI)DEMAG PLASTICS MACHINERY GmbHは、EI-Exis SP包装用射出成形機を提供しています。同機は最新鋭・最速の射出成形機です。生産能力は毎時17万個相当で、小型のバケットから大型のバケットまで最適なソリューションを提供しています。

しかし、射出成形機に必要な初期の金型や機械のコストが高いことが、射出成形機業界の成長を阻害すると予想されます。例えば、大型で複雑な金型機械の価格は約8万米ドル以上です。さらに、メンテナンスや設置にも高いコストがかかります。 さらに、3Dプリント、ウレタン鋳造、熱成形などの代替品が利用可能なことも、射出成形機市場の成長を妨げる要因になると予想されます。

反対に、IoT対応の射出成形機やソフトウェア対応の射出成形機などの技術的進歩は、射出成形機市場の成長に有利な機会を提供すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]