血漿分画市場、2027年に230億600万米ドル到達見込み

血漿分画市場の概要

血漿分画市場は、2019年に182億2,200万米ドル、2020年から2027年にかけて6.2%のCAGRを記録し、2027年には230億600万米ドルに達すると予測されています。

分画とは、混合物のうち一定量を分離するために行われるプロセスです。さらに、血漿は血液中の液体成分であり、アルブミンや免疫グロブリンなどの異なる血漿誘導体を得るために分画されます。これらの血漿誘導体には治療効果があり、様々な血漿関連疾患の治療に使用されています。例えば、血漿誘導体の一つである凝固第VIII因子は、血友病の治療や予防に用いられています。さらに、外科手術の際の大量出血を防ぐためにも使用されています。同様に、免疫グロブリンは、一次および二次免疫不全の治療に用いられます。

血漿分画市場の成長を促進する主な要因は、血漿分画を必要とする様々な希少疾患を抱える高齢者が世界的に急増していることです。

また、免疫グロブリンやα-1-アンチトリプシンの使用が世界的に増加していることも、血漿分画市場の成長を促進しています。さらに、世界的に血漿採取センターが急増していることも、市場の成長に寄与する大きな要因です。また、政府による血漿分画製剤の普及啓発活動も市場の成長を促進しています。しかし、血漿分画製剤のコストが高いことが市場の成長を妨げています。逆に、新興国での成長性は、予測期間中の市場成長に有利な機会をもたらすと予想されます。

COVID-19のパンデミックは、世界中のあらゆる産業に影響を与えています。例えば、COVID-19がWHOによってパンデミックと宣言された後、世界各国は感染拡大を抑制するための措置として、社会的距離を置くための全国的なロックダウンを採用しました。これは、あらゆる産業の各分野における混乱、制限、課題、変化をもたらします。同様に、血漿分画産業もパンデミックの影響を受けました。例えば、COVID-19パンデミックの発生により、献血や血漿採取の数が減少し、原材料の供給不足につながるため、市場の成長が妨げられています。しかし、原料供給の減少は、全国的なロックダウンが始まると、選択的な外科手術が延期され、その他の病状に対する治療の提供が妨げられるため、血漿誘導体の需要の減少によって補われました。また、各国の血漿供給量は維持されていますが、一部の地域では不足しています。このように、ウイルスの発生は、血漿分画市場にマイナスの影響を与えました。

血漿分画市場のセグメント化

世界の血漿分画市場は、製品別、分野別、地域別に分類されています。製品ベースでは、市場はアルブミン、免疫グロブリン、凝固第VIII因子、凝固第IX因子に分けられます。部門別では、公共部門と民間部門に分かれています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分けられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]