フォークリフトの市場規模、2027年に814億米ドル到達見込み

フォークリフト市場統計 2021-2027:

フォークリフトの市場規模は、2019年に450億1,000万米ドル、2020年から2027年にかけて7.3%のCAGRを記録し、2027年には814億米ドルに達すると予測されています。

2019年の世界のフォークリフト市場では、収益面でアジア太平洋地域が最も高いシェアを占めており、フォークリフト市場の予測期間中はLAMEAが顕著な成長率を示すことが予想されます。

COVID-19パンデミックの発生により、いくつかのフォークリフトメーカーは、ウイルスの拡散を抑えるために、生産能力を停止または大幅に削減しています。自動車、製造、物流、資材運搬などの企業は、各国の政府が厳しい閉鎖措置を取ったため、工場を閉鎖しました。これらの要因により、様々な国でフォークリフトの需要が不足しています。さらに、国境の閉鎖や交通機関の遅延により、サプライチェーンの混乱が予想されます。

フォークリフトは、コンテナや木箱などの重量物を持ち上げて、短い距離を移動するために広く使用されている強力な電動式リフトです。主に造船所や倉庫、リサイクルショップなどで使用されており、車両からの荷物の積み下ろしや、梱包された荷物の移動などを行っています。また、フォークリフトは一般的に、電気バッテリーまたは内燃機関によって駆動されます。また、フォークリフトは重量や仕様によって、クラス1、クラス2、クラス3、クラス4など様々なクラスに分類されます。さらに、これらの車両は、プラットフォームやグリッパーなどの様々なアタッチメントと組み合わせて使用され、商品の効率的な取り扱いや運用コストの削減に役立っています。

電子商取引の発展は、世界のフォークリフト市場の成長を牽引しています。また、インフラ産業への投資が増加していることも、市場の成長を促進すると予想されます。しかし、フォークリフトに関連する安全問題の増加は、市場の成長を妨げる要因となっています。さらに、水素燃料電池フォークリフトの生産と自律型フォークリフトの開発は、フォークリフト業界で活動するプレイヤーに顕著な成長機会を提供しています。

フォークリフト市場は、動力源、クラス、エンドユーザー、地域別に分類されています。動力源別では、ICエンジン式と電動式に分類されます。クラス別では、クラス1、クラス2、クラス3、クラス4、クラス5、その他に分類されます。エンドユーザー別では、小売・卸売、物流、自動車、食品産業、その他に分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]