コンテンツデリバリーネットワーク市場、2027年に386億8,900万米ドル到達見込み

コンテンツデリバリーネットワーク市場統計 – 2027年

コンテンツデリバリーネットワークの市場規模は、2019年に116億2,900万米ドル、2020年から2027年にかけて15.3%のCAGRで成長し、2027年には386億8,900万米ドルに達すると予測されています。

コンテンツデリバリーネットワークとは、サーバーによる高度な分散型プラットフォームのことで、ユーザーとサーバーの物理的な距離を最小限にすることで、Webページやコンテンツの読み込みにおける遅延やロスタイムを最小限に抑えることができます。これにより、ユーザーは高品質なコンテンツやWebページを、読み込みの遅延なく閲覧・表示することができます。コンテンツデリバリーネットワークがない場合、サーバーはユーザーのリクエストチケット1枚1枚に対応しなければなりません。しかし、コンテンツデリバリーネットワークは、インターネットトラフィックを保護します。

ほとんどのインターネットおよびデータサービスプロバイダーは、世界のインターネットトラフィックが1年で約30〜45%増加していることを確認しています。トラフィック需要の増加に伴い、サービスプロバイダーが配信ネットワーク上でコンテンツを高いパフォーマンスで配信するための十分な能力とキャパシティを確保する必要性が高まっています。そのため、地域のモバイルネットワークオペレーターやオーバーザトップサービスプロバイダーなどのサービスプロバイダーは、多くのユースケースでコンテンツデリバリーネットワークに多額の投資を行っています。

プロバイダータイプ別に見ると、2019年には従来型CDNセグメントがCDN市場全体のシェアを占めており、予測期間中もこの傾向が続くと予想されます。従来型のウェブサイトをホストすることは、サーバーの存在が単一のポイントであるために困難になっているため、コンテンツデリバリーネットワークは、より良い顧客体験のために、より速く、安全で、コスト効率の良いネットワークを構築するのに役立ち、世界のコンテンツデリバリー市場に有利な機会をもたらすと考えられます。しかし、ピアツーピアCDNセグメントは、クライアントサイドCDNスイッチャーのようなマルチCDNインフラの使用が増加していることなどの要因により、最も高い成長が見込まれています。ピアツーピアCDNは、エンドデバイスの情報を利用して、コンテンツデリバリーネットワークのエッジサーバと、同じコンテンツを提供する他のエンドデバイスからのコンテンツ消費の最適な比率を決定します。これにより、市場が成長するための多くの機会が提供されると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]