有害生物駆除の市場規模、2027年に300億米ドル到達見込み

有害生物駆除市場の展望 – 2027年

有害生物駆除の市場規模は、2019年に206億米ドル、2020年から2027年までのCAGRは5.2%で成長し、2027年には300億米ドルに達すると予測されています。有害生物駆除剤は、有害生物の被害を軽減する目的で使用される化学物質または化学物質の混合物です。有害生物駆除とは、人間の健康に害を及ぼすと認識されている特定の種類の昆虫を管理することです。イエバエ、トコジラミ、ゴキブリなどは、人間が活動している場所に生息する傾向があり、深刻な健康問題につながる可能性があるため、近年、有害生物管理が重要視されています。

有害生物駆除市場の成長要因としては、北米や欧州などの先進地域での環境保全に向けた厳格な政府規制の実施や、バイオベースの農薬の使用を促進するための政府の取り組みなどが挙げられます。また、有害生物は高温下で生存するため、気候条件の変化は有害生物の増殖の大きな要因となっています。

しかし、農薬に含まれる化学物質による毒性や健康上の問題は、市場の成長を抑制する大きな要因となっています。その一方で、バイオベースの農薬への依存度を高めるための研究開発活動が進んでいることから、有利な成長機会が期待されています。

世界の有害生物駆除市場は、タイプ別、有害生物の種類別、用途別、地域別に分類されています。タイプによって、市場は化学的、機械的、生物的、その他に分類されます。有害生物の種類によって、昆虫、シロアリ、げっ歯類、その他に分類されています。用途別では、商業用、住宅用、農業用、工業用、その他に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

世界の有害生物駆除市場における主要企業は、Anticimex、BASF SE、Bayer AG、Cleankill Pest Control、Dodson Pest Control Inc.、Eastern Pest Control、Eco Environmental Services Ltd.、Ecolab、FMC Corporation、JG Pest Control、Lindsey Pest Services、NBC Environment、Rentokil Initial plc、Rollins Inc.、Syngenta、The Service Master Global Holdings Inc.などです。

有害生物駆除市場:地域別

アジア太平洋地域における有害生物駆除市場の規模は、予測期間中に7.9%の最高CAGRで成長すると予測されています。中国の有害生物駆除剤メーカーは、この地域での有機有害生物駆除剤の販売を強化するため、発展的な戦略をとっています。例えば、有害生物駆除サービスのリーディングカンパニーであるRentokil Initial plcは、Beijing Taiming Technology Ltd.と戦略的パートナーシップを結びました。北京泰明科技有限公司は、中国における有害生物駆除サービスのリーディングカンパニーであり、燻蒸に関する複数の特許を保有しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]