予知保全市場、2027年に319億6,549万米ドル到達見込み

予知保全市場の洞察と予測 -2027年

予知保全の市場規模は、2019年には43億3,156万米ドル、2020年から2027年にかけて28.8%のCAGRで成長し、2027年には319億6,549万米ドルに達すると予測されています。

COVID-19のパンデミック時には、製造業や工業部門が大きな影響を受け、IT支出も3~4%減少しました。これは、予知保全市場にも影響を与えています。しかし、予測期間中には、ヘルスケアおよびエネルギー・公益事業部門におけるPdMソリューションの需要が増加すると予想されています。

予知保全(PdM)とは、通常の運転状態での故障のリスクを低減するための、機器の性能および状態の監視計画のことです。その目的は、故障を予測し、修正メンテナンスによって故障を回避することにあります。従来のシステムでは、機器の性能や過去の故障に関する履歴データに頼ったり、メンテナンスの必要性を予測するかどうかに関わらず、単に定期的なメンテナンススケジュールを設定していました。一方、最新の予知保全ソリューションは、機器の動作を常に監視してリアルタイムにデータを収集し、高度なニューラルネットワークや人工技術を用いて、機器の故障が起こりそうなときに判断して警告を発します。

予知保全市場の成長を促進する主な要因は、資産の稼働率を高め、メンテナンスコストを最小化するニーズの増加、IoTの導入による予知保全への投資の増加、老朽化した産業機械の寿命を延ばすニーズの増加です。さらに、新技術の導入により洞察を得る必要性が高まっていることから、予知保全の需要は増加傾向にあります。しかし、市場の発展は、導入時の課題やデータ保護の問題によって妨げられています。さらに、機械学習などの先進技術の採用、IIoTと予知保全の統合、COVID-19パンデミックの影響による遠隔監視や資産管理の必要性などが、予知保全市場をさらに押し上げると予想されます。

導入タイプ別では、2019年にオンプレミスセグメントが予知保全市場全体の規模を支配しており、予測期間中もその優位性を維持すると予想されます。これは、モジュール式のセンサーを搭載し、既存の機器への導入が容易であることに起因します。しかし、クラウドベースの予知保全ソリューションは、ITによる直接制御、リモートアクセス、内部データの配信と処理、高度な予知分析を用いたデータ処理の高速化、リソースの効率的な利用、費用対効果の高さから、予測期間中に最も高い成長率を示すと予想されています。

産業分野別では、2019年は製造業分野が予知保全の世界シェアを占めました。機械、ポンプ、エレベータ、産業用ロボットなどの製造設備のメンテナンスは多くの課題に直面しており、そのために予知保全がこの業界で一般的になっています。しかし、X線、MR、断層撮影、マンモグラフィなどの医療機器の予知保全は、意思決定能力の向上や業務効率の改善を目指す病院にとって最も重要な検討事項の一つであることから、今後、医療分野が最も速いペースで成長すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]