航空貨物市場、2027年に3,768億米ドル到達見込み

航空貨物市場の統計 2021-2027年

航空貨物市場は、2019年には2,702億米ドル、2027年には3,768億米ドルに達し、CAGR5.6%を記録すると予測されています。

物流業界では、2020年に新型コロナウイルスのパンデミックが世界的に広がったことで、需要が大きく減少しました。航空貨物の出荷量は、2020年を通してかなり減少しました。厳しいロックダウンの実施により引き起こされた経済危機は、国際航空貨物の配送に深刻な影響を与えました。新型コロナウイルスが広範囲に発生したため、国内外の航空路が突然閉鎖され、航空機は数ヶ月間にわたって着陸しなければなりませんでした。2020年初頭には、様々な国で国際線の運航が禁止され、その後、国内線も停止されました。航空貨物輸送能力の低下に直面し、様々な航空貨物輸送会社は、航空機の改造やチャーター便の増加など、いくつかの戦略を採用してこの状況に対処しようとしています。

航空貨物とは、航空機を利用して高速の貨物を主に長距離で輸送する輸送手段です。世界経済は、貴重で高品質な製品を世界中の消費者に迅速に届ける能力に依存しているため、航空貨物は世界経済の発展に貢献しています。ワクチンは、輸送速度の速さと航空機内の温度に敏感な空間を利用して、必要な目的地に効果的に間に合うように航空機で輸送されます。世界保健機関(WHO)によると、予防接種プログラムは年間約300万人の子供の死を防ぐのに役立っています。航空貨物は、温度変化に敏感な医薬品を、最新の手順と技術を駆使して最適な状態で届けるという重要な役割を担っています。航空貨物の重量は貨物活動全体の約1%であり、航空機で製品を輸送するのは非常に高価ですが、宝石、生鮮品、医薬品、高価な電子機器などの輸送には非常に有効な手段です。

航空貨物ビジネスでは、技術的な変化が起きており、古いメインフレームシステムの過剰使用から、フライトオペレーション、収益会計、ネットワークプランニングなどのプロセスに使用される、より適応性の高いインターフェースへと進化しています。さらに、クールチェーン技術、ロボット工学、自動化システム、人工知能(AI)、ビッグデータ、ディープラーニング、IoT、拡張現実・仮想現実などの利用が増加しており、予測期間中に世界の航空貨物市場の成長を促進すると予想されています。

他の物流ソリューションと比較して貨物の配送が迅速であることや、航空貨物の混載サービスの人気が高まっていることが、予測期間中の航空貨物市場の成長を後押しすると予想されます。しかし、航空貨物ソリューションに関連する高コストが、市場の成長を妨げると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]