プロジェクトポートフォリオ管理(PPM)市場規模、2027年に91億6,195万米ドル到達見込み

プロジェクトポートフォリオ管理(PPM)市場の洞察と予測 – 2027年

プロジェクトポートフォリオ管理(PPM)市場規模は、2019年に43億3,620万米ドル、2020年から2027年にかけて9.90%のCAGRで成長し、2027年には91億6,195万米ドルに達すると予測されています。プロジェクトポートフォリオ管理ソフトウェアは、プロジェクトマネージャーや経営者にツールを提供し、プロジェクトの管理やスケジューリングを高いレベルで効率的に行い、生産性の向上とコストの削減を実現します。

クラウドベースのPPMソリューションは、高い拡張性、導入コストの削減、継続的な可用性を提供するため、COVID-19の流行後は、予測期間中に需要が増加すると予想されます。

プロジェクトポートフォリオ管理ツールは、組織のプロジェクトを集中的に管理します。ポートフォリオ管理には、プロジェクトの取り込みプロセスも含まれます。これには、プロジェクトマネージャーによる将来のプロジェクトの認識、承認、割り当て、組み込みが含まれます。また、進行中のプロジェクトが全体的なビジネスの専門家や戦略と密接に関連していることを確認するために、ハイレベルな管理とプロジェクトの追跡が行われます。プロジェクトポートフォリオ管理ソフトウェアは、プロジェクトマネージャーがリソース時間の追跡、インベントリ・トラッキング、レポート作成、リソース管理、および標準的なポートフォリオ管理のために使用します。

プロジェクトポートフォリオ管理市場は、プロジェクト投資の価値を最大化するニーズの高まり、企業プロジェクトの複雑化、コラボレーションツールやモニタリングツールのニーズの高まりなどの要因によって成長しています。しかし、データプライバシーやデータセキュリティへの懸念、PPMソフトウェアの学習コストの高さなどが、市場の成長を妨げています。さらに、アジャイル手法の導入によるプロジェクトの失敗率の低減や、クラウドベースのPPM統合アプリケーションの採用の増加は、PPM市場の成長に有利な機会を提供すると予想されます。

導入タイプ別では、オンプレミスセグメントが2019年のPPM市場全体の規模を支配しており、予測期間中もその優位性を維持すると予想されています。これは、従業員がすぐに習得できる標準的で使いやすい機能を備えていることに起因しています。しかし、クラウドベースのPPMソリューションは、ITによる直接管理、リモートアクセス、効率的なリソース利用、費用対効果などの理由から、予測期間中に最も高い成長率を示すと予想されています。

産業分野別では、透明性のコントロールや事前の財務評価機能を備えていることから、2019年にはBFSI分野がプロジェクトポートフォリオ管理市場のシェアを独占しました。しかし、医療施設におけるプロジェクトポートフォリオ管理は、意思決定能力や業務効率を向上させることから、今後は医療分野が最も速いペースで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]