磁気ビーズの市場規模、2027年に26億米ドル到達見込み

磁気ビーズの市場展望 -2027年

磁気ビーズの市場規模は、2019年に11億米ドル、2020年から2027年にかけて12.1%のCAGRで成長し、2027年には26億米ドルに達すると予測されています。

磁気ビーズは、適切な液体に浸すと回転して攪拌作用を起こす道具であり、化学物質や生物学的な懸濁液からマイクロメートルサイズのパラ磁性粒子や強磁性粒子を効率的に分離するために使用されます。また、DNAやRNAの抽出や、喀痰からのDNAとRNAの共抽出にも使用されています。磁性ナノ粒子を適切なマトリックスに組み込んだ磁気ビーズは、医療分野での診断や治療に使用されます。さらに、細胞、タンパク質、核酸、その他の分子の精製にも使用されています。磁気ビーズは、用途に応じて様々なサイズ、化学組成、形状のものがあります。磁性ビーズは、分子や細胞を標的とするために特定のリガンドでコーティングすることで、バイオセパレーションプロセスに広く採用されています。

世界の磁気ビーズ市場の成長は、分子生物学、免疫測定、医療などのライフサイエンス分野での磁気ビーズの採用が急増していることが主な要因です。また、急性呼吸器感染症の増加に伴い、肺炎などの重篤な疾患が発生しやすくなっており、子どもたちの罹患率や死亡率が高くなっています。そのため、効果的な診断方法とタイムリーな治療法の開発が、医療システムの負担を増大させています。呼吸器感染症やARIの検出には、核酸増幅法が広く採用されています。最近では、核酸増幅に磁気ビーズが使用されるようになり、その結果、ARIによる死亡率が低下しています。そのため、世界の磁気ビーズ市場規模は、予測期間中に安定した成長が見込まれています。しかし、タンパク質や細胞の精製は時間のかかるプロセスであり、微粒子の添加などの促進剤を追加する必要があるため、余分なコストがかかり、世界の磁気ビーズ市場の成長を妨げる要因となっています。その一方で、より良い医療を低コストで提供したいというニーズの高まりは、予測期間中の世界市場の拡大に有利な機会を提供すると予想されます。人口の高齢化や体外診断(IVD)費用の削減と相まって、医療分野の主要企業は、診断の代替手段として磁気ビーズを採用しています。この要因は、世界の磁気ビーズ市場成長の潜在的な機会として作用することが期待されています。

世界の磁気ビーズ市場は、磁気コア、サイズ、アプリケーション、地域に基づいて分類されます。磁気コアによって、市場はフェリミティクとスーパーパラマグネティックに分けられます。サイズ別では、5um未満、5-20um、20-40um、40um &aboveに細分化されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分けられています。現在、世界市場では、北米が最大のシェアを占めており、次いで欧州、アジア太平洋となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]