キノコ市場規模、2027年に533億4,200万米ドル到達見込み

キノコの市場規模は、2019年には335億5,300万米ドルとなり、2021年から2027年にかけて9.3%のCAGRを記録し、2027年には533億4,200万米ドルに達すると予測されています。

キノコは、特定のマクロ真菌群の肉厚で栄養価の高い子実体であり、手で摘み取ることができ、地面の下または上に現れます。その食用性は、人体への毒性がなく、好みの味と香りで表現されます。

キノコ市場は、タイプ、形態、最終用途、流通チャネル、地域別に分析されています。タイプ別では、ボタン、シイタケ、カキ、その他に分類されています。形態では、生鮮品と加工品に二分されます。用途別では、家庭用、商業用、工業用に分けられます。流通チャネル別では、ハイパーマーケット&スーパー、コンビニエンスストア、専門店、オンライン販売チャネルに分けられます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分けられています。

キノコ市場は、種類別ではボタンキノコのシェアが高くなっています。キノコの形態では、生鮮キノコが最大の市場シェアを占めています。用途別では、業務用が最大のシェアを占めています。流通チャネル別では、専門店の市場シェアが最も高いです。

キノコは、ビタミンB、ビタミンD、カルシウム、リン、カリウム、マグネシウムなどの栄養価が高いため、薬用として利用されています。また、キノコ類は他の植物を食べているため、寄生虫と考えられています。さらに、発展途上の地域では政府がいくつかのイニシアチブをとっており、この小規模な産業を支援し、この産業の発展過程に関わる恵まれない人々を助けることで、市場の成長を促進することが期待されています。

レストラン、スーパーマーケット、カフェテリア、ホテルなどでのキノコの業務用消費の増加は、予測期間中のキノコ市場の需要と成長に重要な役割を果たすと考えられます。また、消費者の菜食主義への嗜好の変化や、肉の代替品への需要の高まりも、今後のキノコ市場の成長を促進すると考えられます。例えば、ボタンやシイタケは豊富なタンパク源であり、消費者にとって肉の代替品として魅力的な食材です。これらはキノコ市場の主要なトレンドです。さらに、消費者の嗜好が加工食品へと変化していることも、キノコ市場の成長を後押しする大きな要因となるでしょう。しかし、キノコは保存期間がかなり短いため、市場の成長を妨げる要因となっています。また、キノコの栽培には多大な労力とコストがかかるため、市場の成長を妨げる要因となっています。さらに、需要の急増に伴い、キノコ生産者は化学薬品や肥料を過剰に使用する不健全な栽培方法を採用するようになりました。そのため、消費者の健康志向が高まり、有機食品を好むようになったことで、キノコの消費量が減少しています。さらに、キノコの胞子はアレルギーやその他の呼吸器系疾患の原因となるため、キノコの生産に従事する労働者にとっても脅威となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]