ポテトプロテインの市場規模、2027年に6億8,300万米ドル到達見込み

ポテトプロテインの市場規模は、2019年には3億8,830万米ドルとなり、2021年から2027年にかけて6.5%のCAGRで成長し、2027年には6億8,300万米ドルに達すると予測されています。

ポテトプロテインは、高品質で豊富な消化性タンパク質源であり、ポテトジュースから沈殿と遠心分離によって抽出されます。ポテトプロテインには、平均して70~76%の粗タンパク質が含まれており、豊富なアミノ酸プロファイルを持つため、消化性の向上が期待できます。

2050年には世界の人口が約90億人に達すると予想されており、食料に対するニーズは急速に高まっています。このような人口の急激な増加は、タンパク質を得るための動物資源への圧力を生むと予想されます。しかし、食事の構成を変えて、より多くの部分を植物性にすることで、この状況を変えることができます。そのため、ポテトプロテインのような植物性タンパク質源には大きな可能性があります。さらに、ポテトプロテインは純粋なヴィーガンであるため、アレルゲン表示の必要がありません。世界中で健康志向の高い消費者が増えていることから、これらの製品に対する需要が高まっています。また、植物由来のタンパク質原料は、食品、飲料、サプリメントなどに主に使用されており、世界のポテトプロテイン市場の成長を後押ししています。さらに、菜食主義を採用する人や肉食を控える人が増えていることから、ポテトプロテインの需要が大幅に増加し、ポテトプロテイン市場の需要が増加することが予想されます。植物性タンパク質原料市場は、伝統的に大豆タンパク質が主流でした。しかし、ポテトタンパク質はあらゆる形態の家畜に適しており、タンパク質が豊富な飼料の一部を代替することができるため、需要が増加しています。

しかし、ポテトは他の潜在的な植物性タンパク質源に比べてタンパク質濃度が低く、商業生産への利用が制限されるため、世界のポテトタンパク質市場シェアの成長を妨げています。さらに、タンパク質の分離プロセスにはさらなる研究開発が必要です。というのも、従来から使用されている酸処理や熱処理は、タンパク質の変性や機能性の低下を招くことがあるからです。一方で、世界の消費者の間では、オーガニックやクリーンラベルの食品素材に対する需要が高くなっています。メーカーは、消費者の需要の高まりに応えるため、これらの植物由来の原料を使った食品の開発に力を入れています。このような人気の高まりにより、ベーカリーや製菓、動物飼料など様々な分野でポテトプロテインの需要が増加すると予想されます。このように、これらの要因を総合的に勘案すると、予測期間中のポテトプロテイン市場の拡大は、収益性の高い機会になると予測されます。 COVID-19パンデミックの発生は、食品・飲料業界に悪影響を及ぼしていますが、ポテトプロテイン市場はその影響が著しく低いことが確認されています。コロナウイルスの感染を防ぐため、人々は自宅での待機を制限されています。ほとんどの国では、国境が閉鎖されており、ポテトプロテインの輸出入や製造プロセスに直接影響を与えています。さらに、サプライチェーンが滞り、市場全体が混乱しています。コロナウイルスの発生件数が減少し、COVID-19を治療するためのワクチンが導入されたことで、ポテトプロテイン市場のさらなる成長が期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]