ラグジュアリートラベルの市場規模、2027年に1兆1,983億米ドル到達見込み

ラグジュアリートラベルの市場規模は、2019年には9,456億米ドルとなり、2021年から2027年の間に11.1%のCAGRで成長し、2027年には1兆1,983億米ドルに達すると予想されています。ラグジュアリートラベルサービスは、豪華な宿泊施設、便利な交通機関、本物の旅行体験など、最も望ましいプレミアムな体験をカバーしています。サービス提供者は、旅行者に優れたサービスを提供することを目的としています。

プライベートジェット機、スパ、特別メニュー、プライベートアイランドのレンタル、プライベートヨットなどは、関係者が旅行者に提供するユニークなサービスの一例です。最近の旅行者は、文化や食べ物、その他の経験を得るために、目的地を試すことに重点を置いています。思い出に残る貴重な体験をするために、文化体験やクルージング、アドベンチャーなどのユニークな旅を選ぶ人が増えています。

ラグジュアリートラベル業界は、世界経済の成長と発展に大きく貢献する急成長分野の一つとして浮上しています。可処分所得の増加とアッパーミドルクラスの支出の増加により、より高いサービス水準への要求が高まっています。この状況を利用して、市場関係者は、中間層の成長をターゲットにした独自の戦略を策定しています。例えば、国際的な言語を話し、旅行者と容易にコミュニケーションがとれる資格を持った人材を採用するなどです。このように、ユニークな旅行体験に対する需要の高まりは、市場関係者にとって競争力を維持するための大きなチャンスとなっています。

予測期間(2021年~2027年)において、ラグジュアリートラベル市場は世界の旅行業界で最も急速に成長している分野であると予測されています。ラグジュアリートラベルのトレンドは、ユニークでエキゾチックな休暇体験への人々の傾倒、中間層・上流層の可処分所得と関連支出の増加、家族と過ごす時間を増やしたいという人々のニーズと関心の高まりなどが主な要因となっています。

ラグジュアリートラベル市場の成長は、中国、香港、インド、マレーシアなどの国で可処分所得が増加し、中間層の人口が増加していることに起因しています。最近の統計では、アジア太平洋地域の大富豪は、北米の同世代の富豪よりも多くの富を支配しています。将来の支出の選択肢としては、旅行が最優先事項であると認識されており、ユニークな贅沢体験やアドベンチャー・アクティビティが重視されています。ラグジュアリートラベル市場では、米国などの主要先進国が最も高い収益シェアを占めていますが、中国やインドなどの発展途上国では、海外のラグジュアリートラベルに対する需要が高まっています。これは、発展途上国における中間層旅行者の一人当たりの所得が増加していることによるものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]