水栓市場、2027年に592億米ドル到達見込み

水栓の市場規模は、2019年に378億米ドル、2021年から2027年までのCAGRは7.8%を記録し、2027年には592億米ドルに達すると予測されています。水栓は、水の流れを制御するために使用される配管システムのデバイスです。水栓は、主にキッチンやバスルームなど、一定の間隔で水を必要とする場所で使用されます。消費者の多様なニーズに応えるために、水栓は様々なスタイル、色、仕上げで提供されています。水栓市場は、マンションの新築、商業施設の開発、住宅のリフォーム、古い水栓の交換などによる継続的な需要に支えられています。    

核家族化の進展により、大家族での生活が減少し、世帯数が徐々に増加しています。1850年には65歳以上の高齢者の70%近くが大人の子供と同居していましたが、2000年には15%以下になりました。このような人口動態の変化は、工業化、都市化、生活水準の向上(特に高齢者)、移民の制限など、より根本的な社会の変化を反映しており、世界各地で世帯数の増加をもたらしています。世界各国の政府は、中産階級や低所得層の人々に具体的な住宅を提供するため、様々なスキームを導入しています。例えば、インド政府は、現在不足している約6,000戸の住宅に対応するための開発を含め、約11,000戸の住宅の開発を目指しています。さらに、政府は2022年までにすべてのインド国民に住宅を提供することを計画しています。住宅ニーズは、都市部と農村部でほぼ均等に分布しており、5〜6,000戸の範囲で、主に手頃な価格の住宅で構成されています。さらに、インド政府が発表した「スマートシティ・ミッション」では、今後5年間で77億5,000万米ドルを投じて、インド国内に提案されている100のスマートシティを建設することが求められています。そのため、新しい住宅や商業施設の出現により、水栓などの需要が大幅に増加することが予想されます。また、建築業者も、高級感のあるバスルームの重要性を理解し始めており、そのようなユニットの需要が増加しています。世界中の消費者は、収入の増加と消費性向により、徐々にプレミアム製品やテクノロジーを駆使した製品を購入するようになっています。不動産業者にとっては、高級住宅の方が収益性が高いため、自動水栓などの高級アクセサリーを備えた住宅を建設しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]