ウェアラブルパッチ市場規模、2027年に278億2,050万米ドル到達見込み

ウェアラブルパッチの市場統計2020-2027年

ウェアラブルパッチの市場規模は、2019年には122億3,970万米ドル、2020年から2027年にかけて9.6%のCAGRを記録し、2027年には278億2,050万米ドルに達すると予測されています。

スマートパッチや電子皮膚とも呼ばれるウェアラブルパッチは、疾患のモニタリング、ドラッグデリバリー、診断などに使用されます。ウェアラブルパッチは、糖尿病や心血管疾患などの慢性疾患を抱える高齢者の健康維持に役立ちます。

ウェアラブルパッチの技術的進歩、慢性疾患の増加、ウェアラブルパッチに対する消費者の意識の高まりなどが市場成長の主な要因です。また、ウェアラブルパッチの技術的進歩の高まりも市場成長の原動力となっています。ウェアラブルパッチは、患者の継続的なモニタリング、正確なデータの取得、体の動きへの影響の少なさ、スマートフォンとの接続の容易さなどの特徴を備えており、市場の成長を促進しています。例えば、Koninklijke Philips N.V.は、集中治療室から退院した患者の心拍数や呼吸数を追跡できる使い捨てのウェアラブルセンサーパッチ「Philips Biosensor BX100」について、2020年5月に米国食品医薬品局(USFDA)の承認を取得しました。

コネクテッド・ウェアラブルは、携帯性に優れ、無線接続機能を備えており、主にBluetoothによる心拍数のモニタリングに使用されています。また、マイクロプロセッサ・コントローラと筋電技術を使用しています。さらに、これらのパッチはほとんどのモバイルOSに対応しており、Bluetoothで簡単に接続することができます。コネクテッド・ウェアラブルパッチは、一定の間隔でデータを収集し、スマートフォンやラップトップなどの接続デバイスに送信します。患者の健康状態を遠隔で監視することで、医師との面談が不要になります。

しかし、センサーパッチが高額であることや、データのプライバシーやセキュリティに関する懸念が、ウェアラブルパッチ市場の成長を妨げています。例えば、心電図センサーパッチの平均価格は、300米ドルから4,500米ドルです。

ウェアラブルパッチ市場のセグメント

ウェアラブルパッチ市場は、製品、エンドユース、地域に分類されます。製品別では、温度パッチ、血糖値パッチ、血圧パッチ、心拍数パッチ・ECGパッチ、スキンケアパッチ、その他に分類されています。血糖値パッチは、皮下の細胞間の間質液中のグルコースレベルを測定します。高血糖や低血糖の発症を防ぎ、糖尿病のコントロールを容易にするために、複数の糖尿病患者が定期的に血糖値をモニターすることが推奨されていることから、2019年には血糖値パッチセグメントが市場をリードし、予測期間を通じてこの傾向が続くと予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]