サングラス市場規模、2027年に181億6,400万米ドル到達見込み

2019年のサングラス市場規模は168億5,100万米ドルで、2021年から2027年にかけて4.2%のCAGRを記録し、2027年には181億6,400万米ドルに達すると予測されています。

サングラスは、太陽のまぶしさや高エネルギーの可視光線から目を保護するために設計された特殊なレンズまたは保護用アイウェアです。また、視覚補助としても機能します。サングラスには、太陽光から目を保護するためのカラーレンズ、偏光レンズ、暗色レンズがあります。

サングラスは、ラグジュアリーなファッション・アクセサリーとして認識されています。過去10年間で、サングラスの市場シェアは、高級ファッション用品業界の中で急速に拡大しました。サングラスは、スタイルやファッション性だけでなく、貴重な機能も備えています。サングラスは、太陽の明るい光を遮ることで、目に快適さを与えるものです。米国国立眼病研究所によると、白内障の約20%が紫外線によるものだと言われています。サングラスは、UVAおよびUVBを99〜100%カットし、太陽のまぶしさから目を守ります。目の保護に関する消費者の意識の高まりと、可処分所得の増加が、世界のサングラス市場を大きく押し上げています。さらに、世界の若者の間でファッショナブルなアクセサリーに対する需要が高まっていることも、予測期間中のサングラス市場の成長を促進する重要な要因となっています。

COVID-19の発生は、世界のサングラス市場の生産活動に悪影響を及ぼし、流通網を混乱させました。この病気の蔓延を防ぐため、人々は自宅待機を余儀なくされました。社会的な距離を置くことや完全なロックダウンに関する政府の厳格な規制により、市場で営業している業者は莫大な損失を被りました。ロックダウン期間中は、主要ブランドのアウトレットやその他の販売チャネルもすべて閉鎖されました。しかし、COVID-19後にはV字回復が期待されています。主要国で開発されたいくつかのワクチンが承認されたことで、サングラス市場にポジティブな影響を与えると思われます。さらに、今後数年間は、パンデミックの影響でオンライン販売チャネルが大きく成長すると予測されています。主要プレイヤーは、顧客に優れた消費者体験を提供するために、オンライン販売チャネルを常に開発しています。将来的には、世界中のサングラス業界のサプライチェーンをデジタル化する必要があります。

サングラス市場の予測によると、タイプ別では、無偏光セグメントが2019年に113億620万米ドルで市場への貢献度が最も高く、予測期間中もその重要性が維持される見込みです。無偏光サングラスは、ガラスまたはプラスチックのレンズと、レンズを保持するフレームで構成されています。無偏光サングラスは、明るい太陽光の全体的な強度を低減します。無偏光サングラスは、レンズの色、デザイン、フレームに使用されている素材、メガネのオンデマンド・カスタマイズなどによって、さまざまな種類があります。幅広い種類があり、オフラインとオンラインの両方のチャネルで簡単に入手できるため、世界中の消費者に人気のある選択肢となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]