液状合成ゴムの市場規模、2027年に288億米ドル到達見込み

液状合成ゴム市場の展望 – 2027

液状合成ゴムの市場規模は、2019年に203億米ドル、2020年から2027年にかけて4.5%のCAGRで成長し、2027年には288億米ドルに達すると予測されています。

Covid-19パンデミックにより、タイヤ、自動車、建設業界からの需要が大幅に減少し、液状合成ゴム市場の成長にマイナスの影響を与えています。

合成ゴムは、石油の副産物から作られる人工的なエラストマーです。液状合成ゴムは、ポリウレタンを液状にしたもので、流動性が高く、耐摩耗性に優れています。主な用途としては、工業用ゴムの製造、タイヤの製造、ポリマーの改質、接着剤の製造などが挙げられます。

液状合成ゴム市場の成長は、タイヤ生産量の急増と、世界中で揮発性有機化合物(VOC)の濃度が低いゴムの需要が増加していることに牽引されています。液状合成ゴムは、主にタイヤや、トレッド、アペックス・リム・フランジ、カーカスなどのタイヤ部品の製造に使用されます。タイヤの長期耐久性や優れた性能への関心の高まりや、タイヤのラベリング規制の導入が、タイヤ製造業界における液状合成ゴムの需要を促進しています。また、ヨーロッパやアジア太平洋地域では、液状合成ゴムの主要な消費者である自動車産業の拡大が、液状合成ゴム市場の成長を促進しています。これらの地域には、ブリヂストン、ミシュラン、ピレリ、アポロなどの大手タイヤメーカーが存在しており、これらのメーカーが取り入れている革新的な製造技術が市場の成長に貢献すると考えられます。さらに、中国やインドなどの新興国では、自動車や建設資材を中心とした製造業が急速に発展しており、予測期間中に液状合成ゴム市場の成長を促進すると考えられます。

しかし、原材料価格の変動が液状合成ゴム市場の成長を抑制すると予想されています。逆に、工業用ゴム製造における製品の普及率の増加は、液状合成ゴム市場の成長に有利な機会を提供すると予想されます。

世界の液状合成ゴム市場は、製品、用途、地域に分かれています。製品別では、液状イソプレンゴム、液状ブタジエンゴム、液状スチレンブタジエンゴム、その他に分かれています。用途別では、接着剤、工業用ゴム、タイヤ製造、ポリマー改質、その他に分類されています。地域別では、液状合成ゴム市場を北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

世界の液状合成ゴム市場で活動している主要なプレーヤーは、エボニック・インダストリーズ、H.B.フラー、Synthomer PLC、旭化成株式会社、株式会社クラレ、エフレモフ合成ゴム、サウジアラムコ、日本曹達株式会社、Sibur International GmbH、Puyang Linshi Chemical New Material Co, Ltd.などです。これらのプレーヤーは、世界市場での競争力を維持するために、製品の発売、事業拡大、買収などの戦略を採用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]