ソーラーファームの市場規模、2027年に2,610億米ドル到達見込み

ソーラーファーム市場の統計 – 2027年

ソーラーファーム市場は、2019年に614億米ドル、2020年から2027年にかけて19.8%のCAGRを記録し、2027年には2,610億米ドルに達すると予測されています。ここ数年、ソーラーウォーターファーム市場は、PVパネルの低価格化とソーラーウォーターファーム生産者の存在感を背景に、かなりのペースで発展しています。さらに、化石燃料への依存を減らし、汚染物質の排出を最小限に抑えるために、再生可能な資源からのエネルギー生産を促進する政府規制の実施により、消費者の間で太陽熱温水器に対する意識が高まっています。米国太陽エネルギー産業協会(SEIA)によると、政府は太陽光発電技術の利用を促進するため、ネットメータリングやコミュニティソーラーなどの法律を施行しています。

米国、スペイン、フランスなどでは、消費者が自らの電力需要に太陽光発電エネルギーを利用し、使用しない残りの太陽光発電電力を販売することができます。中国の太陽光発電産業は、ここ数年、他のどの国よりも著しい成長を遂げています。中国太陽光発電産業協会によると、中国の太陽光発電エネルギーの容量は2018年に前年比34%増となりました。設置された太陽光発電の総容量は、2017年の136ギガワットに対し、2018年末には170ギガワットを突破しました。これらの規制により、太陽光発電技術の利用が促進されています。したがって、これらの規制がソーラーファーム市場にプラスの影響を与えることが予想されます。また、太陽光発電技術の利用拡大に伴い、ソーラーファームの需要が大幅に増加することが予想されます。

アジア太平洋地域、特にインド、中国、日本ではソーラーファームの導入が進んでおり、発展途上国がソーラーウォーターファーム市場の成長の機会となっています。これは主に、再生可能エネルギーによる電力需要の急増によるものです。また、アフリカと中東は、ソーラーファーム市場で大きなシェアを持つ基本的な市場です。太陽エネルギーによる発電の需要が加速しています。ケニア、モロッコ、ナミビア、ナイジェリアでは、太陽光発電技術の普及により、市場の成長が期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]