グラフェン複合材市場、2027年に1億940万米ドル到達見込み

グラフェン複合材の市場展望 – 2027

グラフェン複合材市場は、2019年には1,310万米ドル、2020年から2027年にかけて37.5%のCAGRで成長し、2027年には1億940万米ドルに達すると予測されています。

COVID-19の発生により、自動車、建築・建設、電子機器など数多くの産業の製造活動が停止し、結果的にグラフェン複合材の需要を阻害しています。

グラフェン複合材は、優れた機械的特性、電気的、光学的、寸法的安定性、高温、衝撃、難燃性などの特性を持っています。また、グラフェンは、ポリマーや金属などと混ぜ合わせることで、耐高温性や導電性などの特性を持つ複合材を開発することができます。例えば、ゴムにグラフェンを混ぜると、導電性、不浸透性、強度が向上します。グラフェン複合材の主な用途は、航空宇宙用のエンジニアリング材料、再生可能エネルギーなどです。

グラフェン複合材市場は、製品タイプ、用途、地域に基づいて分類されています。製品タイプに基づいて、市場はポリマーベース、金属ベース、セラミックベース、その他に分類されています。用途別では、スポーツ・ウェアラブルグッズ、航空宇宙・防衛、自動車、建築・建設、エネルギー貯蔵・発電、その他に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

グラフェン複合材市場の主要企業には、Ad-Nano Technologies Pvt.Ltd.(アドナノテクノロジーズ)、G6 Materials Corp(G6マテリアルズ)、Haydale Graphene Industries plc. (Haydale Graphene)、Graphene Composites (GC)、Graphene One LLC.、Graphenano Group (Graphenano)、XG Sciences、NanoXplore Inc.、Graphmatech AB (Graphmatech)、Gnanomatなどがあります。

グラフェン複合材市場のバリューチェーンを構成するその他のプレイヤーには、ファーストグラフェン・リミテッド(First Graphene Ltd.)、アプライド・グラフェン・マテリアルズ(Applied Graphene Materials Plc.)、CVDイクイップメント・コーポレーション(CVD Equipment Corporation)、デヤン・カーボネン・テック(Deyang Carbonene Tech)、ニンポー・モルシュ(Ningbo Morsh)、ボルベック(Vorbeck)、ウーシー・グラフェン・フィルム(Wuxi Graphene Film)、アングストロン・マテリアルズ(Angstron Materials)などがあります。

主要プレイヤーは、グラフェン複合材市場での競争力を維持するために、製品の発売、事業拡大、買収、提携、協力、合弁事業、契約など、数多くの戦略を採用しています。

例えば、Haydale社は、グラフェン強化プリプレグ材料という製品を発売しました。この材料は、Warwick Ltd.、Airbus UK、BAE Systems、GE Aviation、Element Materials Technologyとの提携により開発されました。このプリプレグ材は、導電性を高めた炭素繊維で強化した新世代の複合材を提供します。この製品の発売により、同社の製品ポートフォリオが充実しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]