化粧品市場規模、2027年に4,635億米ドル到達見込み

化粧品市場規模は、2019年には3,802億米ドル、2021年から2027年までのCAGRは5.3%を記録し、2027年には4,635億米ドルに達すると予測されています。現在、化粧品は個人の現代的なライフスタイルに欠かせないものとなっています。また、個人の内面的な知性に加えて、外面的な美しさに対する意識の高まりも、市場における化粧品使用の大きな推進要因の一つとなっています。現在、女性だけでなく、男性も日常生活の中で化粧品を使用する機会が増えており、化粧品市場の需要の伸びを補っています。このようなライフスタイルの変化が、化粧品市場の成長につながっているのです。

メーカーは、様々な国での販売を加速させるために、製品のブランディングや広告戦略を変えています。天然成分を使用した新製品の発売や魅力的なパッケージなどの革新的な戦略が、化粧品メーカーによって採用されており、化粧品の売上を伸ばしています。化粧品が個人の生活に欠かせないものになったことで、消費者、特に女性は、旅行中や社会的な会合に出席する際に便利で使いやすい化粧品を好んで使用しています。さらに、化粧品の製造には、肌に悪影響を与えない天然成分を使用することが、より多くの顧客を獲得するためのメーカーの一般的な戦略となっています。これは、この業界で活動する企業の収益増加にも貢献しています。このように、メーカーが採用するすべての戦略が、世界の化粧品市場を牽引しています。しかし、化粧品の製造に使用される化学物質は、個人の皮膚や体の他の部分に害を及ぼす可能性があります。また、日常的に化粧品を使用することは、肌にとって危険なことです。化粧品の成分として使用されている化学物質は、肌に多くの悪影響を及ぼす可能性があります。化学物質を多く含むシャンプーや美容液、コンディショナーを長期間、大量に使用すると、抜け毛が多くなる問題が発生します。さらに、目元や口元にカラー化粧品を多用すると、多くの皮膚疾患やそれに伴う健康被害を引き起こす可能性があります。そのため、化粧品の副作用や肌への不安に対する消費者の意識が高まっていることが、市場全体の成長を制限する重要な要因となっています。

化粧品業界は、カテゴリー、性別、流通チャネル、地域別に分類されています。カテゴリー別では、スキン&サンケア製品、ヘアケア製品、デオドラント&フレグランス、メイクアップ&カラーコスメに分けられています。性別では、男性、女性、ユニセックスに分けられます。流通チャネル別では、ハイパーマーケット/スーパーマーケット、専門店、薬局、オンライン販売チャネル、その他に分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAで調査しています。

カテゴリー別に見ると、2019年の化粧品市場では、スキンケア製品とサンケア製品のセグメントが主要なシェアを占めていますが、予測期間中はデオドラント&フレグランスのセグメントが最も高いCAGRで成長すると予測されています。スキンケア製品は、個人の日々の健康管理に大きな役割を果たしています。現在、スキンケア製品の需要を促進している要因は、美に対する意識の高まりです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]