自動販売機市場、2027年に252億5,000万米ドル到達見込み

自動販売機の市場規模は、2019年に182億8,000万米ドル、2021年から2027年までのCAGRは6.7%で、2027年には252億5,000万米ドルに達すると予測されています。自動販売機は、食品、飲料、たばこなどの商品を提供する目的で使用される装置です。自動販売機は、レストランやクラブ、オフィス、施設、住民などで使用されています。

メーカーは、IoT(Internet of Things)ベースの自動販売機を開発・発売しています。これにより、リアルタイムでのデータ収集が可能になり、エンド・ツー・エンドのIoTサービスで機械をよりよくモニターできるようになりました。 その結果、消費者の経験や期待を集め、より充実した消費者の買い物体験を提供することができるようになったのです。絶え間ないイノベーションと技術開発により、業界は、消費者行動のシフトと並行して、よりモダンな、外出先でのソリューションを提供するようになっています。さらに、音声認識、インタラクティブ・ディスプレイ・システム、ビッグデータ統合などのイノベーションにより、消費者にとってより便利で使いやすいものとなり、自動販売機市場の成長にプラスの影響を与えています。

公共の場や施設、大多数の商業スペースでの不健康な食品やジャンクフード、タバコ製品の販売に関する厳しい規制が、自動販売機市場の成長を抑制すると予想されています。

自動販売機市場の分析によると、市場はタイプ、アプリケーション、技術、販売チャネル、地域に分かれています。タイプ別では、食品用自動販売機、飲料用自動販売機、たばこ用自動販売機、その他に分類されています。2019年には、飲料用自動販売機セグメントが最大の市場シェアを占め、近い将来、自動販売機市場をリードすると予想されます。飲料自動販売機は、世界的にホテル・レストラン、企業のオフィス、スーパーマーケットなど様々な用途で使用されており、その需要は先進国で拡大しています。 

アプリケーション別に、自動販売機市場は、ホテル&レストラン、企業オフィス、公共施設、その他に分けられます。ホテル&レストランセグメントは、自動販売機市場の主要なシェアを占めています。ホテル・レストランでは、メーカーが様々なタイプの自動販売機を市場に投入し、多くの消費者に対応することができます。贅沢な食事や観光の増加は、市場の成長を促進すると考えられます。また、可処分所得の高い人々は贅沢な設備にお金をかけるため、レストランやホテルの需要がさらに高まります。そのため、ホテルやレストランが広く設置されることで、自動販売機市場の成長に有利な機会がもたらされます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]