牛用飼料市場、2027年に783億米ドル到達見込み

2019年の牛用飼料市場規模は735億米ドルで、2021年から2027年にかけて4.4%のCAGRで成長し、2027年には783億米ドルに達すると予測されています。

動物飼料とは、家畜に与える餌のことです。牛用飼料は畜産業において非常に重要な要素であり、動物を飼育する際のコストの大半を占めています。農家は通常、高価な飼料を代替品で補うことで、この飼料のコストを削減しようとします。動物の健康は、畜産業の将来を決定する重要な要素の一つです。動物の健康は、バランスのとれた栄養価の高い飼料に大きく依存します。牛用飼料市場は、飼料-酸味料、飼料-酵素、飼料-抗生物質、飼料-微生物の市場に拡大しています。これらのトレンドに対する需要は、食肉タンパク質の消費量の増加と、動物飼料に使用される原材料の品質に対する重要性の高まりと並行しています。

牛には通常、肉牛と乳牛の2種類があります。飼料は肉牛用と乳牛用に分かれています。世界的に見ると、2019年の肉牛用飼料は1%増加しました。最も高い伸びを示したのはオセアニア地域で、13%、9万5,000トンでした。これは主に、同地域の干ばつにより飼料が減少し、肉牛生産者が肥育場での牛群の仕上げに頼らざるを得なくなったことが原因です。2019年の乳製品用飼料の推定値は、世界的に非常に少ない減少となりました。ラテンアメリカ地域では3%、オセアニア地域では12%の減少となりました。アルゼンチンの乳製品用飼料は87万トン減少すると推定されており、ベネズエラやコスタリカなど中南米の他の国も減少しました。オセアニアでは、政府が新たに目標排出量を引き下げて設定したニュージーランドなどで、乳製品業界は課題に直面しました。

牛用飼料事業は、乳業メーカーが、栄養飼料による歩留まり向上の具体的な効果を実感し、従来の牛用飼料から栄養バランスの取れた配合飼料への置き換えを開始したことにより、急速に成長しています。アジアでは、畜産業は農業の発展に最も重要な役割を果たしており、ここ数十年の間にかつてないペースで成長しています。畜産物は、世界の農業生産高の約40%を占め、他の農業分野に比べて急速な成長を遂げています。人口増加と生活水準の向上により、畜産物の消費量が急増しているため、畜産業界は、栄養価の高い飼料を家畜に与えることで社会の期待に応えるべく、適応と拡大を余儀なくされています。したがって、この要因は、牛用飼料市場の成長にとって有益です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]