グラフェン市場規模、2027年に8億7,680万米ドル到達見込み

グラフェン市場の展望 – 2020-2027

グラフェン市場規模は、2019年には8,750万米ドルと評価され、2020年から2027年にかけてCAGR%40.2%で成長し、2027年には8億7,680万米ドルに達すると予測されています。

世界初の2次元炭素材料であるグラフェンは、「ワンダーマテリアル」とも呼ばれ、多くの用途に適しています。グラフェンは火に強く、効果的な導体であり、非常に汎用性が高く、鉄の200倍の強度を持ち、超軽量の物質でもあります。また、グラフェンは高い表面積や吸着力などの特性から、化学業界では有効な触媒として評価されています。世界的な化学物質の需要の高まりにより、グラフェンの需要が増加し、グラフェン産業の成長を牽引するものと期待されています。

グラフェン市場の成長を促進する要因としては、購買力の向上や、タブレットや携帯電話などの家電製品の需要の増加が挙げられます。また、酸化グラフェンを利用した透明導電性フィルムは、自動車の安全性や軽量化のための原材料として利用されています。しかし、グラフェンには毒性があり、グラフェンの製造プロセスにはリスクが伴うため、予想される期間中、グラフェン市場の成長を妨げる要因となると考えられます。しかし、世界中で継続的に行われている研究開発活動や、再生可能な資源を利用した大規模なグラフェン生産、特に付加価値の高い化学物質の使用は、この業界に大きな成長機会をもたらすと期待されています。

グラフェン市場は、タイプ別、用途別、地域別に分類されています。タイプ別では、単層・二層グラフェン、数層グラフェン(FLG)、酸化グラフェン(GO)、グラフェンナノプレートレット(GNP)に分類されます。用途別では、RFID、複合材、センサー、研究開発、エネルギー貯蔵、機能性インク、ポリマー添加剤、タイヤ、コーティング、その他に分けられます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されます。

グラフェン市場に参入している主要企業には、ACS Material LLC、Bluestone Global Tech、CVD Equipment Corporation、Graphene Nanochem PLC、Graphenea S.A.、G6 Materials、Haydale Limited、Nanotek Instruments Inc.、Vorbrck Materials、XG Sciencesなどがあります。

インドのグラフェン市場では、KNV’S Incorporation (KNV’S Inc.)、Carborundum Universal Limited (CUMI)、Hexorp、AVANSA Technology & Services (AVANSA)、Ad-Nano Technologies Pvt Ltd. (Ad-Nano)などの主要企業があります。

グラフェン市場:機能別

機能別では、グラフェンナノプレートが、航空宇宙、通信、医療、エネルギーの貯蔵・生成など様々な分野で幅広く利用されていることから、需要の大幅な増加が見込まれています。また、酸化グラフェンは、各種スーパーキャパシタ、フレキシブル電子機器、タブレット、光電子機器、医療機器向けの透明導電膜など、極めて重要な製品です。高い熱伝導性や透過性、電気伝導性、柔軟性、パワーなどの優れた製品特性が、需要拡大に重要な役割を果たしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]