コネクテッド・モーターサイクル市場、2027年には3億410万米ドル到達見込み

コネクテッド・モーターサイクル市場統計 – 2027

コネクテッド・モーターサイクル市場規模は、2019年には3,560万米ドル、2020年から2027年にかけて39.6%のCAGRを記録し、2027年には3億410万米ドルに達すると予測されています。2019年の世界のコネクテッド・モーターサイクル市場では、欧州が収益面で最も高いシェアを占めており、LAMEAは予測期間中に著しい成長率を示すことが予想されます。

COVID-19の発生は、経済の不確実性と消費者の需要の減少をもたらし、その結果、新車販売や必要のない車両のメンテナンスが妨げられています。また、大規模なサプライチェーンを持つ自動車メーカーでは、重要な部品が不足しており、代替品の調達戦略を検討する必要があります。また、自動車のサプライチェーンを担うTier2、Tier3のサプライヤーは、自動車需要の減少により、操業に大きな支障をきたしています。また、政府が課した自動車製造施設の閉鎖や製造停止による労働力の不足は、コネクテッド・モーターサイクル市場に大きな影響を与えています。

コネクテッド・モーターサイクルとは、お客様にインテリジェントでスマートなモビリティを提供するために導入されたイノベーションと言えます。また、コネクティビティ・ソリューションを用いてモーターサイクルにネットワーク機能を提供することで、モーターサイクルの運転がより安全で快適なものになります。さらに、コネクテッド・モーターサイクルに搭載されているコネクテッドシステムは、高度な光と熱の管理、キーレススタート、タイヤ空気圧のモニタリング、緊急通報など、安全性、快適性、セキュリティ機能を制御します。また、スマートフォンやオーディオプレーヤーなどのデバイスを車両とペアリングすることで、ナビゲーションやオーディオのストリーミングを行うことができ、ライダーはダッシュボードから直接操作することができます。

政府による自動車製造施設の閉鎖や製造停止に伴う労働力の不足が、コネクテッド・モーターサイクル市場に大きな影響を与えています。また、COVID-19の発生により、経済が不安定になり、消費者の需要が減少しているため、新車の販売や必要のない車のメンテナンスが妨げられています。

車両における接続ソリューションのトレンドの上昇と、コネクテッド・モーターサイクルが提供する安全機能の増加は、世界のコネクテッド・モーターサイクル市場の成長を促進すると予想されます。しかし、データハッキングの脅威や、シームレスで均一な接続インフラの欠如が市場の成長を妨げています。逆に、5G接続を導入してコネクテッドモビリティを強化することは、予測期間中のコネクテッド・モーターサイクル市場の拡大に顕著な機会を提供すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]