自動車用差動装置市場、2027年に316億3,792万米ドル到達見込み

自動車用差動装置市場統計 – 2027

自動車用差動装置市場は、2019年に223億9,084万米ドルを計上し、2027年には316億3,792万米ドルに達すると予測され、CAGRは4.4%となっています。収益貢献度が最も高かったのはアジア太平洋地域で、2019年には93億6,161万米ドルを計上し、2027年には139億8,396万米ドルに達すると予測され、CAGRは5.4%となっています。

自動車用差動装置の販売は、世界各地の自動車の生産・販売活動に直接関連しています。自動車用差動装置の市場参加者の主なリスク要因は、サプライチェーンの実行、規制・政策の変更、労働力への依存、運転資金管理、流動性・ソルベンシー管理などです。さらに、COVID-19危機に起因する自動車生産台数の減少は、自動車用差動装置の売上減少につながります。金融不況と自動車販売台数の減少により、大半のOEMメーカーは今後3四半期以内に生産活動を縮小すると予想されています。2021年初頭には、自動車生産の回復が期待され、自動車用差動装置の売上を支えることになるでしょう。

自動車用差動装置は、自動車のドライブトレインの重要な部分であり、異なる駆動輪が効果的に回転したり駆動したりすることを可能にします。自動車用差動装置とは、エンジンのトルクを2つに分け、それぞれの出力で車輪を異なる速度で回転させるための装置と定義されます。差動装置は、現代のすべての乗用車、商用車、電気自動車に搭載されています。すべての駆動車には、前輪と後輪の間にデフが必要です。パートタイム4輪の場合は、前輪と後輪の間にデフがないため、前輪と後輪が一緒にロックされて同じ速度で回転します。自動車用デフの需要は、自動車の生産活動に大きく依存しています。

AWDおよび4WD車の普及率の増加や商用車の需要の増加などの要因が、世界の自動車用差動装置市場を牽引すると予想されています。しかし、過去2年間の自動車の生産・販売台数の減少や、インホイール電気モーターを搭載した自動車の生産台数の増加などが、予測期間中の市場の成長を抑制すると予想されています。さらに、電子制御式リミテッド・スリップ・デフの生産が世界の自動車用差動装置市場の成長を補うと予想される一方で、契約・合意を勝ち取ることが競争上の優位性を得るための重要な戦略となっています。したがって、これらの要因は近い将来、市場の成長に良い機会を提供すると予想されます。

世界の差動装置市場は、駆動タイプ、車両タイプ、タイプ、地域に分けられます。駆動タイプでは、前輪駆動、後輪駆動、全輪駆動(AWD)/四輪駆動(4WD)に分けられます。車両タイプ別では、乗用車、商用車、電気自動車に分類されます。タイプ別では、オープン、ロッキング、リミテッド・スリップ・差動装置(LSD)、エレクトロニック・リミテッド・スリップ・差動装置(ELSD)、トルク・ベクタリングに分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]