吸気フィルターメディア市場、2027年に68億5,000万米ドル到達見込み

吸気フィルターメディア市場統計 – 2027

吸気フィルターメディア市場は、2019年に51億5,000万米ドルと評価され、2027年には68億5,000万米ドルに達し、CAGR 4.6%を記録すると予測されています。  

COVID-19の発生により、世界各国の政府は厳格なロックダウンを実施し、ウイルスの拡散を抑えるために社会的な距離を置くことを必須としました。この全国的な封鎖措置により、自動車製造工場は一部または全部の操業を停止せざるを得なくなり、吸気フィルターメディア市場に直接影響を与えました。さらに、COVID-19は、海運業や航空宇宙産業にも大混乱をもたらしました。国際線や国内線の運航が禁止され、COVID-19によるサプライチェーン活動の混乱は、航空宇宙・海洋の吸気フィルターメディア市場に大きな影響を与えました。

最高のエンジン性能、低燃費、汚染物質の排出量削減を実現するためには、汚染されていない吸気が重要な要件の一つです。エンジンに入る清浄な空気は、エンジンの吸気システムに入るすすやほこり、タイヤの摩耗粉などをブロックするエアフィルターの効率に大きく依存しています。吸気フィルターメディアとは、エアフィルターに固定された空気清浄部品で、エンジンに入る前の空気中のほこりなどを捕らえるためのものです。エアフィルターメディアは、自動車用、航空宇宙用、船舶用など、さまざまな用途に応じて使い分けられています。様々な種類のエアフィルター材料(例えば、紙、発泡体、綿)があり、エンジンに入る様々な種類の粒子状物質を捉えるために選択することができます。吸気フィルターメディアは、エンジンのシリンダー内に粒子状物質が侵入するのを防ぎます。

エアフィルターメディアの重要な特性として、粒子捕捉効果があります。これはパーセンテージで計算され、吸入空気中に存在する粒子のうち、エアフィルター内に残る割合を示します。効率的な吸気フィルターメディアは、最大99.9%の効率を持っています。これは、ほぼすべての汚染物質が吸気フィルターメディアによってろ過されることを意味し、微粒子の多い環境下でもメンテナンス寿命が長くなるような好条件を生み出します。 

現在製造されているエンジンは、各国の規制当局が定めた排出基準を満たす必要があります。燃焼効率の向上と排出ガスの低減を実現するためには、エンジンに清浄な空気が必要です。吸気フィルターメディアは、エンジンに清浄な空気を供給するため、優れた吸気フィルターメディアを装備したエアフィルターの需要は、予測期間中に大幅に増加すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]