フェイスマスクの市場規模、2027年に90億5,210万米ドル到達見込み

フェイスマスクの市場規模は、2019年に67億9,200万米ドル、2021年から2027年までのCAGRは-11.1%で、2027年には90億5,210万米ドルに達すると予測されています。フェイスマスクは、COVID-19、インフルエンザ、水疱瘡、おたふくかぜ、はしかなどの空気感染する病気から保護する役割を持つ保護マスクの一種です。フェイスマスクは、鼻、あご、口を保護する半顔タイプのマスクです。さらに、H1N1やCOVID-19のような呼吸器感染症に基づくパンデミックの発生は、救急隊員、看護師、医療従事者などの第一線の医療従事者の間でフェイスマスクの需要を高めています。N95マスクは、医療従事者が仕事中に感染性のウイルスや微生物にさらされないようにするために使用されています。厚生労働省は、N95マスクの使用を医療従事者に限定することを推奨していますが、COVID-19感染のリスクを低減し、世界中への感染を防ぐために、多くの個人がN95マスクを購入しています。これが、市場におけるフェイスマスクの需要を促進しています。

世界的には、COVID-19やH1N1などの感染症が流行しており、すでに数百万人が死亡しています。さらに、COVID-19のような感染性ウイルスから人々を遠ざけるには、社会的に距離を置き、フェイスマスクを使用するしかありません。さらに、フェイスマスクの不足を避けるために、政府は製造活動への投資を増やしており、これがフェイスマスク市場の成長を促進しています。さらに、米国政府はハネウェル社に対し、N95マスクの生産を拡大し、一般市民もマスクを入手できるようにすることを命じています。

インターネットの普及に伴い、ソーシャルメディアの利用者数は大幅に増加しています。このことを考慮して、フェイスマスク市場の主要プレイヤーの多くは、ソーシャルメディア上で自社の製品やサービスを宣伝することを戦略としています。ソーシャルメディアマーケティングは、様々な企業や産業がソーシャルメディアチャネル上でターゲットとなる顧客に自社製品の認知度を高めるために採用している主要な戦略の一つです。このように、世界のフェイスマスク市場は、ソーシャルメディアマーケティング戦略を通じて、ターゲット層の支持を得て顧客を増やすという重要な機会を得ています。しかし、N95レスピレーター、サージカルマスク、防塵マスクなどのフェイスマスクの高価格化と人気の高まりにより、偽造ブランドの登場を招いています。偽造品は、顧客が非常に価格に敏感な発展途上国で多く出回っています。この要因は、これらの経済圏における既存のオリジナルフェイスマスクブランドの販売を妨げています。偽造ブランドは品質が低く、しばしば不便さや安全性の問題を引き起こし、その結果、顧客の間でネガティブな印象を与えてしまいます。オンライン流通は、偽造ブランドの取引を簡単に隠すことができる主要なプラットフォームの一つです。このように、偽造品業界の発展は、フェイスマスク市場の成長を妨げると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]