サッカー用スポーツウェア市場、2027年に1,144億1,410万米ドル到達見込み

サッカー用スポーツウェアの市場規模は、2019年には895億500万米ドルとなり、2021年から2027年にかけて5.3%のCAGRを記録し、2027年には1,144億1,410万米ドルに達すると予測されています。

サッカー用スポーツウェアには、プレーやトレーニングを目的としたパンツ、ショーツ、トラックパンツ、ソックス、シューズなどがあります。2019年の世界のスポーツウェア市場では、サッカー用スポーツウェアが主要なシェアを獲得しており、予測期間を通じてそのシェアを維持することが予想されます。これは主に、サッカーの人気が高まっていること、国際・国内レベルでのサッカーのイベントが増加していること、ランニング、バドミントン、サッカーなど国際的に認知されているスポーツに対する若者の関心が高まっていることに起因しています。サッカー用スポーツウェアには、サッカー選手やそのトレーナーに快適さと敏捷性を提供するために特別にデザインされたフットウェアやウェアがあります。例えば、サッカーシューズはグリーンピッチ用にデザインされており、アウトソールにはグリップ力を高めるためのスタッドが付いています。サッカーは世界で最も人気のあるスポーツの一つであり、インド、インドネシア、イラク、ブルガリア、カンボジアなどの発展途上国で大きな人気を得ることが期待されています。

スポーツやレクリエーション活動に対する消費者支出の増加や、可処分所得の増加が、サッカー用スポーツウェア市場の成長を大きく後押ししています。また、当初、スポーツウェアはアスリートが着用することが多かったのですが、時が経つにつれ、一般のジム通いの人々やアスリート以外の人々の間でもよく見られるようになりました。サッカーウェアは通常、通気性のある素材で作られており、汗を素早く蒸発させ、着用者がより長く新鮮な状態を保つことができます。ポリエステル、マイクロファイバー、キャラコ、スパンデックスなどの素材がよく使われています。

COVID-19パンデミックの発生は、サッカー用スポーツウェア市場に悪影響を及ぼしています。病気の蔓延を防ぐために、人々は家にいることを要請されています。政府は、病気の蔓延を抑制するために、社会的・移動的制限を導入・維持せざるを得なくなっています。このような状況下、スポーツ分野では、施設の閉鎖、旅行の禁止、スポーツイベントやリーグの中止を余儀なくされています。ロックダウン期間中、多くの主要なサッカースポーツイベントが中止されており、これがサッカー用スポーツウェア市場の成長を阻害すると予想されています。例えば、当初2020年6月12日から7月12日に開催予定だったユーロ2020選手権は、1年延期され、2021年6月11日から7月11日に開催されることになりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]