ロジスティクス市場、2027年に12兆9,756億円到達見込み

ロジスティクス市場統計 2021-2027年

ロジスティクス市場は、2017年に7兆6,412億円となり、2020年から2027年にかけて6.5%のCAGRを記録し、2027年には12兆9,756億円に達すると予測されています。      

COVID-19の発生は、フライトキャンセル、渡航禁止、検疫など様々な面で影響をもたらし、世界中のサプライチェーンやロジスティクス活動を大幅に減速させました。COVID-19パンデミックの影響を直接受けているのは、商品の移動、保管、流通に携わるロジスティクス企業です。しかし、パンデミックの影響で苦戦している業界もありますが、ヘルスケア・医薬品など繁栄している業界もあります。また、COVID-19が世界的に流行している間は、Eコマースや日用品業界がロジスティクス業界にポジティブな影響を与えると予想されます。さらに、COVID-19パンデミック時には、医療用品、手袋、除菌剤、予防接種、生鮮食料品などの医療・FMCG用品の需要が増加し、ロジスティクス市場の成長を促進します。

ロジスティクスとは、設備、食品、液体、在庫、材料、人などの資源を、ある場所から目的地の倉庫まで調整して移動させるプロセスとして広く知られています。それは、顧客の要求を満たすために、ある出発点から消費点までの商品の流れを管理することです。ロジスティクス・マネジメントは、企業の完成品やサービスの生産に関する日々の活動を効率的かつ効果的に管理することに重点を置いています。このタイプのマネジメントは、サプライチェーンマネジメントの一部を形成し、商品の効率的、効果的なフォワードフロー、リバースフロー、およびストレージを計画、実施、および制御します。ロジスティクスは主に、サードパーティロジスティクス(3PL)、フォーサーズロジスティクス(4PL)、インバウンドロジスティクス、アウトバウンドロジスティクス、リバースロジスティクス、グリーンロジスティクス、コンストラクションロジスティクス、デジタルロジスティクス、ミリタリーロジスティクス、その他のロジスティクスサービスなど、さまざまなサービスで構成されています。

電子商取引の成長とリバースロジスティクスの増加、貿易関連協定の増加などの要因が、市場の成長を促進しています。また、テクノロジーを駆使したロジスティクスサービスの増加や、IoT対応のコネクテッドデバイスの導入が進んでいることも、市場の成長を促進すると考えられます。しかし、メーカーがロジスティクスサービスをコントロールできないこと、インフラが貧弱であること、ロジスティクスコストが高いことなどが市場成長の妨げとなっています。さらに、ラストワンマイル配送の出現、ロジスティクスの自動化、マルチモーダルシステムの採用によるコスト削減とリードタイムの短縮などが、市場の成長を促進する要因として期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]