イベント業界の市場規模、2028年に1兆5,529億円到達見込み

イベント業界の市場規模は、2019年には1兆1,354億円となり、2021年から2028年までのCAGRは11.2%を記録し、2028年には1兆5,529億円に達すると予想されています。イベントとは、決められた時間と場所に大衆の芸術作品を集めることです。イベントを開催する目的は、ビジネスの収益性向上、祝賀、娯楽、地域社会への貢献など多岐にわたります。最も一般的なイベントには、会議・展示会、企業イベント・セミナー、プロモーション・資金調達、音楽・アートパフォーマンス、スポーツ、フェスティバル、トレードショー、製品発表会などがあります。イベント市場の主要なステークホルダーは、企業組織、公的機関、NGOです。

大規模イベントの初期段階では、観客を理解し、彼らを興奮させ、感情的にさせる行動を理解することが必要です。最終段階では、音楽コンサート、スポーツ、展示会・会議、セミナーなどのイベントを適切に実施します。音楽コンサートなどのイベントは、若者や中高年を中心とした人口の大半を魅了し、イベント産業の規模を拡大させることが確認されています。また、アルバムの売上は激減していますが、アーティストやパフォーマーが世界各地でコンサートを開催するツアー志向に変わってきていることも、イベント産業の成長を後押ししています。また、世界の市場ではロックやポップスが主流ですが、米国ではラップやヒップホップが好まれています。このような音楽のコンサートやイベントの増加は、プロモーターやブランドにとって、コンサートに参加する人々にアピールする貴重な機会となっています。さらに、近年、スポーツイベントはより商業的になってきています。イベントを主催するイベント運営会社にとって、スポーツは重要なマーケティング広告の機会となります。さらに、Redbull、Monster Energy、Nike、Cocoa Colaなどの様々なブランドが、世界的な3日間の大規模なフェスティバルや、社交場やアリーナでの小規模なギグや演技に協賛することで、イベント産業の成長を後押ししています。さらに、イベント全体を扱うことができるクラス最高の技術を導入することで、業界の成長を促進しています。しかし、参入障壁の高さや代替品の存在は、市場の大きな課題のひとつです。一方で、インフラ投資の増加や、プロジェクタを使って拡張現実を作り出すプロジェクションマッピングや、チケットの購入、参加者の調査、群衆の投票などにリアルタイムで使用されるブランド化されたマルチユースアプリなどの技術的なアップグレードは、市場の成長を加速させます。これらの要因は、イベント業界のプレーヤーに十分な機会を提供すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]