抹茶市場、2027年に44億8,050万米ドル到達見込み

抹茶市場は、2019年には24億5,430万米ドル、2027年には44億8,050万米ドルに達し、7.1%のCAGRを記録すると予測されています。

抹茶は、緑茶の一種で、若い茶葉を摘み取り、その茶葉を粉砕して鮮やかな緑色の粉末にしたものです。日本の緑茶の一種であり、粉末と液体があります。 このお茶は、まろやかで滑らかな風味を持っています。中国や日本の気候や土壌に適した場所で収穫されたカメリアシネンシスを原料としています。

抹茶市場の成長は、健康的なライフスタイルを求める消費者の増加と、抹茶に付随する様々な健康上の利点が原動力となっています。例えば、抹茶には、体重減少、頭痛や体の痛みの緩和、コレステロール値の低下、心臓発作の可能性を最小限に抑えるなどの効果があります。

COVID-19パンデミックの発生は、市場にプラスの影響を与えています。これは、世界中の消費者が健康維持のために抹茶をはじめとする健康食品や飲料を求めるようになったことに起因しています。これにより、世界的な健康危機の中、抹茶の需要が増加し、市場の成長にプラスの影響を与えています。

抹茶市場は、製品タイプ、形状、性質、販売チャネル、地域に分けられます。製品タイプでは、市場はレギュラーとフレーバーに二分されます。形状によっては、粉末と液体に分けられます。性質では、従来型とオーガニックに分類されます。販売チャネル別では、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、フードサービス、オンラインストア、その他に分類されています。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペイン、その他欧州)、アジア太平洋(中国、インド、日本、ASEAN、韓国、オーストラリア・ニュージーランド、その他アジア太平洋)、LAMEA(ブラジル、サウジアラビア、南アフリカ、トルコ、その他LAMEA)に分類されています。

製品タイプ別では、2019年はレギュラーセグメントが最も高い市場シェアを占め、CAGRは6.6%と推定されています。レギュラーまたはブレンドや追加フレーバーのない純粋な抹茶は、通常の飲用茶として特別に使用されたり、外食産業、料理産業、化粧品産業の材料として使用されたりします。しかし、抹茶市場の予測期間中は、フレーバー付きのセグメントが大きな成長を遂げると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]