カジノゲーム機市場、2027年に131億9,180万米ドル到達見込み

カジノゲーム機の市場規模は、2019年に110億2,630万米ドル、2021年から2027年にかけて5.5%のCAGRを記録し、2027年には131億9,180万米ドルに達すると予測されています。2019年には、スロットマシンのセグメントが最も高い市場シェアを占めました。

カジノゲーム機とは、娯楽やギャンブルを目的としたゲーム機を指し、カジノやショッピングモールなどの娯楽施設に設置されています。カジノゲーム機は、カジノやモールなどの娯楽施設に設置されており、規制が厳しく、国ごとに規制の内容が異なります。カジノでは数多くのゲームが行われており、ゲームごとにゲーム機器の種類が異なります。

世界のいくつかの国では、カジノの概念を自由化しています。その結果、顧客の増加とともにカジノ施設の数も増加し始めています。この要因は、カジノゲーム機市場の成長を促す最も重要な要因の一つと考えられます。さらに、メーカーは研究開発に多額の投資を行い、スマートなゲーム機能を追加して消費者の関心を高めています。

また、中間層の人口や可処分所得の増加に伴い、カジノへの来場者数も増加しています。このことは、カジノゲーム機市場にプラスの影響を与える重要な要素となっています。しかし、オンライン・ギャンブルへの関心の高まりは、カジノゲーム機市場の成長を妨げる要因となることが予想されます。

一方で、過去10年間、カジノゲームの分野では驚異的な成長と革新が見られ、今後も成長が見込まれています。メーカーは、世界中の消費者に新しい楽しみ方を提供し、日常生活に付加価値を与えるために、革新的な製品を開発しています。そのため、製品のイノベーションによる効率化が、カジノゲーム機市場の成長の道筋を作っていると考えられます。

カジノゲーム機市場は製品タイプ、設置方法、運用形態、地域に基づいて分類されています。製品タイプ別では、スロットマシン、ビデオロトターミナル、ビデオポーカーマシン、その他に分類されます。設置形態では、カジノ内設置型とカジノ外設置型に分類されます。また、操作方法では、フロア設置型とポータブル型に分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAを対象としています。

製品タイプ別に見ると、2019年のカジノゲーム機市場では、スロットマシンセグメントが最大のシェアを占めています。スロットマシンは、世界各地のカジノやギャンブル場で非常に人気があります。スロットマシンは、過去10年間で、スキルベースの過激な機械の採用や、新しく高度なゲームの発売により、劇的に進化してきました。そのため、技術的な進歩と魅力的な機能により、スロットマシンの人気は年々高まっています。しかし、カジノゲーム機市場の予測期間中、その他のセグメントは高いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]