体外診断(IVD)市場、2027年に910億9,300万米ドル到達見込み

体外診断市場の概要

体外診断(IVD)市場は、2019年に671億1,100万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて4.8%のCAGRで910億9,300万米ドルに達すると予測されています。

体外診断(IVD)用機器とは、病状を診断するためにアッセイや試薬の使用を必要とする医療機器です。さらに、これらの機器は、患者から採取した体液や組織サンプルを分析します。また、体外診断には、免疫診断法、組織診断法、血液診断法、分子診断法などの異なる技術を用いた様々な種類があります。さらに、体外診断用機器は、感染症、がん、心疾患、腎疾患など様々な疾患の診断に用いられています。 さらに、体外診断用機器の使用や取り扱いには専門知識が必要なため、診断を行うためには専門の医療施設において使用されます。例えば、体外診断用機器は、独立した研究室、病院、ポイントオブケアなどの施設で使用されます。

体外診断市場の成長に寄与する主な要因としては、慢性疾患や感染症の発生率の上昇に起因する体外診断用検査の数の急増が挙げられます。さらに、免疫疾患を患いやすい高齢者人口の増加も、市場の成長を促進する大きな要因となっています。さらに、がんをはじめとするさまざまな慢性疾患の治療に個別化医療が用いられるようになったことも、市場の成長を促進しています。さらに、体外診断用製品、技術、ソフトウェアおよびサービスに関する技術的進歩の増加も、市場の成長を後押ししています。しかし、政府の厳しい規制や不利な償還方針が、体外診断市場の成長を制限すると予想されます。逆に、新興国の高い成長率は、予測期間中、体外診断市場の主要プレイヤーに有利な機会をもたらします。

COVID-19が世界の体外診断市場に与える影響 

COVID-19のパンデミックは、社会的な距離を置くために、世界中でロックダウンが行われた。このような封鎖措置は、各業界のビジネスに大きな影響を与えました。同様に、体外診断市場もCOVID-19の大流行による影響を受けました。例えば、この業界は、サプライチェーンの中断、製品需要の不一致など、新たな課題に直面しました。さらに、原材料や人材の確保にも影響がありました。また、体外診断市場では、新たなCOVID-19検査キットの需要が発生しており、これが体外診断市場の主要プレイヤーにとって大きなチャンスとなっています。このように、COVID-19のパンデミックによる全体的な影響は、体外診断用機器業界の主要プレイヤーにとってはプラスに作用しています。しかし、一部の企業では閉鎖的な環境に直面しており、その結果、世界中で実施されるIVD検査の数が減少しています。しかし、このような悪影響は、COVID-19の検出に使用される、新たに発売された緊急使用認可済みのIVD検査の需要が急速に伸びていることで補われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]